> > 委縮しちゃうなぁ
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

委縮しちゃうなぁ
2012/01/10

畑中葉子がプロレス参戦というニュースをキャッチ。よく読んでみると……どうやら名曲「後ろから前から」を入場曲として使用し、さらにこちらをもじったプロレス技(延髄斬りの挟み撃ち(2人で)らしいです)を使用するハタナカヨウコというチームがあるとのこと。今回、そのことが本人にも伝わり、試合会場でコラボが実現したようです。今後も参戦するというので気になります。

さて本題に。年末年始から……そしてこの3連休も終わってしまいました。休みは実に早いものであります。えーっと、お正月からの呪いの7日間(笑)が解けました『CRリング』の実戦打ちについては、後日たっぷりお伝えするとして、ちょっと気になる動きを一つ。昨年に発表されたパチンコ・パチスロのテレビCMの自粛の話です。

「そういえば数年前、機械代が高騰した時にテレビCM代も含まれていますと言われたけど……CMがなくなったのに機械代下がりませんね(笑)」とは某ホールの店長。うーん、確かに開発費用も膨大になっているのと、1機種あたり販売台数はどんどん下がっていますから。

ただ、高額商品となれば、金額面だけで見ると「えー?? このメーカーの機種とこのメーカーの機種が同じ金額なの?」という“見劣り”という点で言えば、高額になればなる程わかりやすくなるっていうか。

この高額の流れを止める為にもROM容量は64までって決まったみたいですが、個人的には自由競争(開発もコスト削減も含めて)なので、疑問符がついて他ならないと言いましょうか……。

新たなユーザーを増やす大きなトリガーになるのはメーカーであるのは間違いないのですが、テレビCMの次がサミーの「マイスロ」に代表される「パチンコ・パチスロ遊技と携帯サービス連動」の規制であります。正直、これは困惑するというか……意味があまり分からないです!

射幸性を煽る?? ……そーなんでしょうかね? ジワジワと会員数も増えて、パチスロ拡大のトリガーになったことは言うまでもないでしょうが、そこに大きな制限がかかるというのは? ……そして行政の意図や真意は?って思ってしまうところです。

メーカーにもお店にも押し寄せる逆風の波は今年も継続していくのかとても気になりますが、結局のところ「風俗営業だから……」ということなのでしょうかね? 許可営業だから……社会全体の声に過敏に反応していかねばならないビジネスということなのでしょう。

でも……でもですね、お笑い始めとしたテレビでも「やり過ぎだ!」「下衆だ!」と言う人もいれば「いいんじゃないの?」という人もいます。個々人に許す範囲は異なるけれど「それはいかん!」というボーダーラインが社会全体、厳しくなってきているなぁ、と痛切に感じます。パチンコやパチスロはもっと感じる!

前にも書きましたが、ドラッグストアで500円のお買いものでスタンプ1個、スタンプ20個貯めたら、次のお買いもので100円引き(1%還元)という販促手法もパチンコ店では禁止ですからね。当然、クーポンなどもダメですし。

そういう部分(時代に合わせて法律を考えていく・変えていく)のスピードの遅さの影響も大きくて、日本は世界に負けていくのかなぁ、と思ったりしています。橋下市長のスピード感が若者に受け入れられている理由もよくわかります。うん。

個人的にパチンコなら、もっと右打ち時の大当たりラウンド消化スピードが上がらないかな?と期待しているんですが……(小さくてすいません)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・『リング』では、自分の“円”が、“怨”になる!
(解説)
*実は1000円だけ勝ったんですよ、『CRリング呪いの7日間』。でもね……「くそー、くそー」なんですよ! ……7日間自粛したのに! 詳細は追って解説を(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る