> > 携帯連動サービスの行方
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

携帯連動サービスの行方
2012/01/12

1箱1000円のタバコ、登場するんですね。なんでも、ザ・ピースは香りを重視した高級タバコとかで。この時代に高級路線はどうなんだろう?と思いながら、きっと珍しくて買う人もいるのでしょうね。2月1日からみたいです。ハイ。

さて本題に。今日は寒かった……寒かったですねー。外回りがホントにキツかったです。某メーカーの方と話をしていたのですが、昨年の12月初めに通達が出た「遊技と携帯の連動サービス」……これはどうなっちゃうの?と色々質問してみました。

やはり各メーカー、該当する機能があるかないか、行政の見解を確認しているそうです。その話だけざっくり言いますと「型式試験として機能は適合している=従来通りOK」「なんらかの特殊演出や画像をダウンロード=従来通りOK」「携帯サイトでの販促=NG」ということみたいです。

例えば「ある小役が揃ったら……旅が当たる」とか(笑)。ま、普通に考えればダメですけどね。

最初は行政も見逃してきたようですけど、看過できないところまで広がりを見せてきたから、というのが今回のケースだったようです。

ついつい以前も「まあ、小さいことだから……」とか「ここまでならば大丈夫だろう」というところは、個人の感覚の問題もありますので、なかなか判断が難しいと思います。

しかし、携帯連動サービスは「パチスロでは必須」のような流れもありますし、これからは携帯ではなく「スマホ」に移行していくでしょうし、時代の流れの中でどのようなサービスを作っていけるのか?というのも問われてくるのだと思います。

とにかく、世の中のITの進展とそこで生まれるビジネスモデルは凄く早く、パチやスロがそういったアプローチをする中で新しい顧客を創造できるか?ということは業界の中でも分岐点になるでしょう。

パチでもスロでもメーカーさんの開発力は必須なのですが、聞けばそこまで開発できないメーカーもあるようで、敏感に動くメーカーとの見えない格差は広がっているという話です。今年はホントに統合とかあるかもしれませんね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・そういえば、ペカってないね、半年間……
(解説)
*何気に空き時間にジャグを打ったんですけど……よく考えると半年間ペカっていないなぁー、ということに気がつきました(笑)。打ち続けることを美学にしているから、まあ、良いんですけど。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る