> > パチやスロを打たない人には?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

パチやスロを打たない人には?
2012/01/16

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の職員が業務で使用しているパソコン1台がウイルスに感染!っていうニュースを発見しました。怖いなー。最近、情報漏洩とか凄いですものね。ゴルゴ13の世界観がだんだんリアルで身近になってきている……。

さて本題に。先日、あるお店のスタッフと歓談していた時。若い子が「オレ、パチンコは打ったことがありません!」といってました。ほー、なるほど。でも一応仕事だから興味は持ってね、と明るく回答。すると某マネージャーが「最近、おれはスロを打ってないなぁ」と。ほほー、そうなのか……最近は「パチしか打たない」「スロしか打たない」というユーザーがとっても増えているんですね。

よく考えれば、パチが得意なお店とスロが得意なお店は、同じ遊技機なんだけど全く別物ですし。お客様もそうなのでしょう。いや……前からそうなんですけど、特にその流れが顕著になってきたといいましょうか……。

同じ屋根の下で「全く別な商品を取扱い、メインターゲット層の属性も異なる」という点でいえば、メリットよりもデメリットの方が今は大きくなってきているのでしょうかね? うーん??

話を戻しまして、パチンコを全くやらない若いスタッフにその理由を聞いてみると、単純に「遊んだ感覚がないから」ということでした。ハンドルを回すだけってあり得ないということでした。まあ、個人的感想ですから、すべてとは言いませんが、パチにはそういう側面がありますね。それと、勝てるイメージがわかない……。これも勝った経験が少ないっていうのもあれば、スロの方が勝ちやすいと体感するからなのかもと思います。

スロを全くやらないマネージャーは、パチスロは「よくわからない」という回答。ハイ。わからないではなく、きっと「理解しよう!というモチベーションや興味がわかない」のかもしれません(笑)。目押しができない&技術介入性により「大きく損をするイメージ」があり、ハイエナをされる不平等感を避けている、なんて話もありました。

…そーなんだ、食わず嫌いっていうのも理解できますし、大負けしてさらにハイエナされたら「嫌い」という気持ちも倍増してしまうというものです。実際はそんなことばかりじゃないんですけど。

結論から言えば、パチもスロも「知っている人・好きな人と一緒に遊ぶ」というのが大事ということでしょうか? 連れパチ・連れスロだと色々あるでしょうから、少人数で行くのがイイかも?です。

パチンコ店のスタッフの人にはその感覚を忘れないように……と伝えるのと同時に、もしかするとお客様にもそういう傾向があるから、お店に「パチ・スロトレーニングルーム」みたいな、試打できる空間とかが作れると良いのでしょうけどね。風適法でダメかな? ダメですな……。うーん??

パチもスロもファンがもっと増えれば良いんですけど。

意見待つ!、br>
【今日のチャーリー、独り言】
・『鉄拳』も、後ろ『モンキー』も、座れない!
(解説)
*あいや〜、『鉄拳2』の様子を見に行ったんですけど、『鉄拳』どころか『モンキー』も座れないじゃありませんか! 『モンキー』の稼働が上がってません? 凄いな!名機ですな。『鉄拳2』の動向と同時に楽しみでありますよ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る