> > お店は何に力を入れているのか?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

お店は何に力を入れているのか?
2012/01/24

太平洋クラブが倒産した……というニュース。そうです、あの西武の前身である西鉄ライオンズのオーナー企業ですね。うーん、ショックだなぁ。これも時代の流れなのでしょう。スポーツビジネスって、アメリカ型(買収?)になっていくのもかもしれません。

さて本題に。今日は朝から雨模様で大変寒い1日でありました。そして、お給料日前ということもあり、結構なお店が……新台入替・リニューアルオープンやライター来店イベント等、可能な限りの告知を行いつつ、精力的にアピールしているお店が多かったですね。

その中でもビスティのパチンコ機『エヴァ』。この機種は、導入されてから2週間程度になりますが、稼働は絶好調。基本的に機種自体の自力を感じていますが、何よりお店の『なんとかしなければ!』という力の入れ具合をヒシヒシと感じるところです。相当な危機感があるんだなぁ、と。

それもそのはず。今後の新機種発売スケジュール等を予測し、『仕事人』や『エヴァ』に続く大型版権機種の登場はあまりない、と見ているからでしょう。今はエヴァを見て、お店の方針や現在の置かれている状態なども推測できそうですね。

あと、ミドルスペックで時短100回付きと標準的なものでありますが、打ちながら感じたのはやはり下アタッカーの存在。ここでの大当たり消化スピードが早いので当たった時のストレスはあまり感じずに打てるというのは大きい点です。もう少し……電サポ中はなんとかしてもらいたいですけど(笑)。

一方、やや稼働減少しているのが『必殺仕事人』。既に導入から1ヶ月以上経過しているのですが、見ていると機械の使い方というより設置台数と時間経過というのが非常に大きいですね。実際、稼働が下落していけば少しづつ調整を落としていくので、悪循環になっていくといいましょうか……。この矛盾をお客様にどうやって魅せていくか、伝えていくかによりますが、改めて「新台はその使い方をしっかりデザイン(計画)していく」ことの重要性を感じました。それは予測設置台数や市場浸透スピード(希少価値があるか?等)を考慮したものでなければならないでしょう。

とにかく、その瞬間にお店は「何に力を入れているのか?」という部分、しっかり読み取りお店を選んでいくというのは大事ですね。本当は長い年月をかけて同じお店を見ていく必要があるのでしょうけども。

2月・3月は年間通して落ち込み月なだけに、じっくり観察しようと思います、ハイ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・使徒強い! 外は大雪、シトシトです……(悲)
(解説)
*ホントにね……赤文字とか出ても複合しないと当たりませんな! ヒキが弱すぎる! しかも、確変引けん! でも、5千円くらい勝ったので良かったんですけど。外は雪……雪がね、なんとも言えませんなぁ。寒くて(笑)。明日も頑張るぞ!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る