> > とっても嫌ーな、空気感……
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

とっても嫌ーな、空気感……
2012/02/03

今年行われる第46回スーパーボウルのハーフタイムショーはマドンナじゃありませんか! これは凄い、ライブで見たい! でも月曜朝、無理……。あ〜、生きている間に一度はスーパーボウルをスタジアムで観たいと思う、チャーリーでありました。

さて本題に。2月に突入するもここ数日の稼働悪化に目をそむけたくなりますが、それもそのはず。例年にない寒波襲来で真面目に寒いですものね(笑)。

ネガティブニュースを並べてあきらめていては何も生まれませんので、やはりここは巻き返しを図りたいところ。お店も色々と考えているところでしょう。

一番気になるのは、パチの「マックスタイプ離れ」が顕著なこと。期待値とか……あまり数値的な問題ではなく、見た目の「確率の辛さ」が敬遠されているのかもしれません。当然ですが、稼働がなければ調整は悪くなっていく一方ですし、まさに悪循環。ミドルタイプとライトミドルタイプと甘デジとありますが、見た目の「確率」だけで言えば、できるだけ投資を抑えたい!という社会風潮も影響されているのでしょう。

パチスロも一気に稼働は下降傾向です。特に1月下旬から2月上旬頃の成績を見れば一目瞭然であります。もちろん、すべてのお店ってことではありません。全体的に……という話です。

並んでいる機種数だけで言えば、既に全体の50%以上は「ART機」となり、そのART機も少数の人気機種に支えられてきてることもあり、お客様の立ち回りもシビアになってきたというのでしょうか? もちろん、お金が持たないという側面はスロユーザーにもあるのでしょう。季節的な問題もあるかもしれません。

こういう厳しい局面……時期的な問題に直面した時に、お店のホントの強さというのが目立ちますね。過去、色んな統計を見ても、パチンコ店への来店理由は必ず「近いから」という項目は上位で、強いお店はそれだけ「地域の人から支持されている」ということであり、長い期間をかけて共生してきているのが分かりますね。

もちろん、遊ぶならば優良店で遊ぶ!というのは必須ですけども、さらに絞り込めば「近くのお店で優良店を!」になるのかもしれません。「新台がたくさん入り、しかもちょっと空いていて、いつでも台を選べる」というのを好む人も少数存在するのは知っていますが、多数派ではないでしょう(笑)。

そう考えるならば……今の状況がそのまま「近未来」へとつながる!ということですし、優良店はさらに強くなっていくのかもししれませんね。

頑張っているお店を是非探して、遊んで欲しいと思います。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・夢に出た……、『ナナシー』全回転、はずしたぞ!
(解説)
*ビョーキですね(笑)。夢に初代の『ナナシー』が出てきました。しかも全回転で外した夢。ああ、あの機種が打ちたいなぁ。昔の現金機とかばかりを揃えて営業ってできないものでしょうか?(笑) 『めぐみ工務店』もよく打ったなぁ。『マジチェ』も打ちたいなぁ。うーん??




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る