> > シリーズ機とファンの高齢化
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

シリーズ機とファンの高齢化
2012/03/01

やっぱり今日一番のニュースはサッカー……負けちゃいましたね。閏年で4年に1度の「2月29日」であったわけですが。まー、最終予選が勝負ですからね。あらためて頑張ってもらいたいわけです。フィジカル上げて次に期待です。

さて本題に。今日はめっさ寒い1日でした。「一体、何が起きたんだ?」と思う程の寒さ! 超〜ビックリです。深夜に関東圏の某店長さんと電話で話をしたところ、

「寒すぎると午前中はさらに稼働が悪くなる! 特に海シリーズは、高齢者の人に人気があるから……月末なのに参った!」

という話。そっかー、パチンコユーザーは中高年層に支持されてますが、とりわけ海シリーズのファンも「高齢化」しているということですね。思えば、ギンパラからのスタート……と考えると、20年近い年月が経っていますもの。やっぱり『海』は凄い!

ちょっと『海』は「別物=超・超ロングヒット機種」ということと考えて、一般的には概ね「規則改正・内規変更」などのタイミングで仕様が大幅に変わると、シリーズ機でも若干モデルチェンジしますよね? もちろん、完全に別物になる機種もありますけど。

スロにもジャグラーシリーズという「超・超ロングヒット機種」がありますが、基本的に4号機と5号機の『ミリゴ』や『番長』は違いますし(笑)。当たり前ではありますが、エッセンスだけは微妙に継承されているのがファンとしては嬉しかったりするものです。

まあ、言いたいこととしましては、「過去の経験」というのはとても大事で、これからファンを育てるにはそういった「経験者」を増やさないと、時間は経過してファンもどんどん高齢化していってしまいます。規則改正や内規変更がトリガーになる!というのは、過去の歴史を見ても明らかですし、そこで沈む機種もあれば大・大ブレイクもすることもあります。成功するケースは、概ね「過去の経験で打つ」にプラスして、新しいファンもそこで作っているから次のシリーズ機もヒットする!ということだと思われます。

シリーズ機とファンの高齢化という関係と……「過去の経験・体験」はとても重要だな、と思った次第です。ゲームとしては、凄く面白いんですけどねー、パチやスロは。問題はただ一つ……お金がかかる!(掛かり過ぎる?)っていう部分なんでしょうけどねー(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・閏年、勝っても負けても、目はウルウル…(悲)
(解説)
*今日は月末なんですよねー。そう、調整が「一番きつそう」な日(笑)。やっちまったーなー、考えてみれば2月は元々営業日が少なく、閏年でも29日しかないんですもの。勝っても負けても目がウルウルして泣いております。負けると悲しい……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る