> > 低貸は増やすべきか? うーん?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

低貸は増やすべきか? うーん?
2012/03/09

あー、西武の大石投手が2軍行き……投手陣の層が厚いですからね。プロの世界はキツイでしょうが、上がってきて、活躍がみたいものです。夏場前には上がってきて欲しい。

さて本題に。雨がチラチラ降っていたのですが、なんとか持ってくれて良かったです。で、今日も某営業会議に出た時の話題を一つ。

1パチや5スロに代表される低貸営業について。4パチ20スロ同様に、全体的に稼働が下降傾向の他、普及率は一気にあがって……そして設置台数もどんどん増えています。

ついに、4パチと変わらない程の新台導入スピードの早さもあり、傍目からみれば「商売を度外視しての集客」という徹底した戦略を持つお店も増えてきました。ま、論理としては単純に「稼働があれば、利益も取れる!」なのでしょうけども、その投資のサイクルに圧倒されるお店も数多いです。

そのことから、今後は低貸コーナーをどんどん増やしていくべきか?という議論になり、お客様の要請・要望などをキチンと調査しなければならないのですが、某店長が一言、

「パチやスロのユーザーのほとんどが年収300万〜400万の人がメインだから、4パチや20スロは遊びづらいのでは?」

という声が。一方で

「あれ?店長それは今までも同じ傾向だったのでは?」

との某スタッフの疑問。うーん、ユーザー層を「年収」で見て見ると、確かにその傾向は変わらないですが、景気が低迷している中で「パチンコやスロは高い遊び」と体感している?という推測は、あながちズレていないのかな?とも。

低貸でも「新台人気」「等価・高価交換」が選ばれている傾向を見ると明らかなように「投資はできるだけ少なく、リターンは多く」という傾向が大半だと思うので、パチンコ店も今後4パチ20スロとのバランスを考えて考えていく必要があるようです。

思えば……前回も書きましたけども、遊技環境はかなり快適になってきているものの、消費金額に対しての獲得できる時間=「ゆっくり遊べる」という部分では、まだまだユーザーと感覚が乖離しているのかもしれません。

ま、個人的にはユーザーも色々ですし、お店も色々あった方が選ぶ楽しさもあると思いますので、独自性を出して言ってもらいたいですね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ドンちゃんは、緑も赤も、ドン引きだ……
(解説)
*今日は赤ドンでいざ勝負! まー、減台されていてお店としてもあまり力が入っていない雰囲気をプンプン感じ取っていたのですが……間違いは起きませんでした、残念。で、次は緑で勝負! ドンちゃんは南米出身ですから!(笑)。ええ、もちろん何も起きず。今日は天気同様、どんよりした日でありました(悲)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る