> > 「記憶」に残る、遊技機を!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「記憶」に残る、遊技機を!
2012/03/28

ホントにホントに……良かったなぁ。マリナーズ川崎のメジャー昇格が決まったみたいですね。狭き門ですし、結構なプレッシャーがあったのでは?と察っします。勝負の世界で厳しいとは思いますが、活躍すると良いなぁ、ホント。

さて本題に。ニューギンの『CRくるくるパチンコダルマッシュ』の動きの「芸術さ」と「可動領域の大きさ」で1時間もアツく語ってしまった日(笑)でしたが、まあまあ色々と話題の尽きない1日でした。

特に某メーカーさんとの話で気になったのが、開発関係の「協力企業」の存在ですね。液晶の表示の開発から何から……とにかくパチでもスロでも当然、数多くの取引先があるわけですが、連携プレーというか、内外の企業との「連携プレー」によって、スピードも品質も向上するというわけです。

ここ近年は、凄く開発スピードも品質も向上したことに加え、部材手配や宣伝・販促・マーケティング関連までの「一大プロジェクト」を年間に何回も回しているという状態ですよね。現在では海外からの部材調達に加えて、アッセンブリー(組立)を海外で行うことも珍しいことではなくなってきています。話を聞いて、改めてその「市場の大きさ」を認識した次第です。

とにかくパチンコ機・パチスロ機という「完成品」を作ってから「商品」として市場に供給され……そして最後に「店舗の手が加えられて、ユーザーに届く」という流れ……ここですね! この「店舗側」の使い方で、商品イメージは大きく変わります!

話をしたメーカーの人曰く「同じ負けるにしても……」というユーザーの意思はしっかりと受け止めたい!という言葉が大変印象的でありました。パチやスロは100%勝てるという保証はありませんし、負ける可能性の方が高いということはユーザーも承知しているところ。でも、同じ負けるにしても「少し遊べた」とか「面白かった」とか、色んな感情を持つはず。

そこで、大事なのは、
メーカーも頑張って開発し、ホールも頑張って長期に渡り運用し、良さを伝える努力によって、初めてユーザーに伝わるのかもしれません。

このパチンコ業界は実に多くの人が関与して市場が形成されているのだ、と改めて感じたとともに、もっともっと凄い機種の開発を期待したい、そう思いましたね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・『桃鉄』の、キングボンビが……マジ、怖い!(悲)
(解説)
*桃鉄を打ったんですけど、最初は釘じゃなくデータを見ながら台を物色していたものの、ド・ハマリしてしまいまして……。読み間違いというレベルではないなぁ、と反省です。だんだんキングボンビを見ているうちに恐怖を感じてしまいました……がっくし。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る