> > 納期が数週間ズレルのは……痛いなぁ。
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

納期が数週間ズレルのは……痛いなぁ。
2012/04/11

今日はどこへ行ってもダルビッシュの話題でしたね。勝利して良かったですけど、初回に40球以上っていうのは……緊張していたのでしょうね。まだまだシーズンは長いから、プレッシャーに負けず、勝ち星を重ねて欲しいものです。

さて本題に。今日も歩いて歩いて……色々と動き回っておりました。お店では話題になっているのが、競合他店の「調整方法」です。最近は「とことんまでやる!(出していく!)」みたいなお店と「完全に抜き(利益確保)重視!」というお店に分類できる程に格差がついているといいましょうか。考え方もありますが、こういった部分は、お客様には長い時間をかけていかないと伝わりづらい部分があるので、まさに勝負に出ていると言えるのでしょう。脅威ですよね。

それと……もう一つ頭の痛い問題が、新台の「納期」ですね。当然ですけども、本来は「欲しい時に、欲しい台数を、適正に購入していく」べきなのですが、やはり人気機種は生産台数が限定されているから、どうしても取り合いになりますし、導入できないこともたくさんあります。

しかも、機歴重視ってメーカーさんが多いので、導入から数週間も遅れれば、そこからの稼働は……これだけ短命な機械寿命の中で結果が出てしまうケースも多く……。もちろん、値引きも少ないだけに「この投資は大丈夫だったろうか?」と次こそは買い控えて慎重になる……これが中小ホールの現状だろうと思うわけです。

完全なる「受注生産」ならば、メーカーもリスクは非常に低くなりますが、販売期間が長すぎれば、キャンセル等の発生につながりますから、なかなかそういった方針には出れない面もあります。あまりお客様にはわからないところでの「機械流通の難しさ」もあるのですが、以前より「凄く激しくなった」と言いましょうか……。時代なんですかね?

メーカーもお店も「どのユーザーにピントを合わせれば良いか?」と、凄く考えているのではないでしょうか? やはり「低貸コーナー」を増設して、パーソナルなどの作業の効率化・コストダウンを図って、商売のバランスを考える……トレンドはそういうことなのかもしれません。

ま、一ユーザーの目線で考えれば、コンセプトの異なるお店がどんどん増えれば選択肢が増えて、それはそれで楽しいんですけどね。ホント、頑張ってもらいたいものです。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・タッチして、クラゲが出ても、当たるんだ!
(解説)
*『大海2』……タッチしても、ずっと魚群が出ずにクラゲばかりだったのですが、当たりました! 当たるもんですねー。他のお客様を見ると、タッチじゃなくて、ボタンを必死に叩く人が多いのにも驚きです! まあ、遊び方が理解されるのに、そんなに時間はかからないでしょうけども。『大海』は余計な演出がなくって楽しいです!(注:もう少し、回れば……)




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る