> > 街の中のパチンコ店は?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

街の中のパチンコ店は?
2012/04/16

うーん?プロの世界は厳しい。西武の涌井投手が2軍行きとは……。勝負の世界だから仕方ない事ですけどね、エースだから早く復活して欲しいですよ。ライオンズも、もう少し頑張って欲しいですよ。ハイ。

さて本題に。休日くらいはパチンコやパチスロのことを考えずに過ごそう!と決めていたのですが、街に出れば……いかにパチンコ店が多いかか?というのが改めてわかります。いや、多分「目立つ」んでしょうね。意識しているというのもありますが、好立地には必ず店が立っている(笑)。

昔は店舗の看板や屋上などに「キングコング(古っ!)」みたいな派手なファサードで、バルーンなども高々と挙げて……もっと「分かりやすかった」わけですが、今では街に合わせてスタイリッシュな外観のお店も増えました。でも……でも、目立ちますし、分かります! 不思議ですね、きっと世の中がもっと「おとなしい」方向に行っているのかも?とも考えたりしました。

朝、目覚めて「今日はパチンコ・パチスロで遊ぼう!」と、予定を決めて行動する人は別ですが、レストラン探しとは異なり、街を歩いて「あっ?ここはパチンコ店なんだ……入ってみよう!」と衝動的に、積極的な行動を起こさせるというのは、ホントに難儀な作業ですし、特にパチンコ店は敷居が高いな、と思いました。

まず最初に「パチンコ店は……どんな場所?」とか、知らない人もいるわけですし、中の様子もわからないとなれば、1人で入るには勇気が必要ですよね?

今日見かけたお店の店頭では、社員風の人が「案内係」として、入店されるお客様におしぼりを配っていました。とてもアナログですが、この方法が一番効果的かもしれないなぁ、と思いましたね。無論、お店の構えや地域・立地などによって異なるのでしょうけども。あくまで都市圏の駅前立地店ならば……というところですけどね。

接客業ですけど、交わす言葉がほとんどない「接客業」という特性から、スタッフの配置や動き方そのものが「商品」でもあり店舗の「イメージ」を作っているんだなぁ、と感じました。

もちろん、思わず入りました(笑)けどね。休みなのに……。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・負けてると、吸い込まれるよ、『エヴァ』の島…
(解説)
*その入店したお店で、『CR牙狼3』でいざ勝負。最初「1万まで!」と予算を決めていたのに……終わらないんですよねー。アツくなって(笑)。で、負けると何故か?エヴァ打つんですよ! アタッカーの大きさに惚れて、4ヶ月目でありますが、減台して欲しくないなぁ、と。不思議と大勝ちして、収支は5500円のプラス! 相性もあるなぁ、と改めて感じた次第です。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る