> > totoに習おう! シンジくんに学ぼう!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

totoに習おう! シンジくんに学ぼう!
2012/04/19

今週から「花粉症」の影響で、くしゃみと鼻水が止まらなくなりました……。もう花粉は「ほとんどない」と3月末くらいのニュースで聞いた記憶があったのですが、甘くみておりました。薬を飲んでおけば良かったです。

さて本題に。朝からお店周りです。ええ、遊びではなく“打合せ”ですけど(笑)。平日の朝から稼働が6割くらいの強いお店だったので、かなりビックリでした。強いお店はホントに強いなぁと同時に、一極集中しているのかも?と考えたりしました……。お客様がお客様を呼ぶような理想的なお店作りというのが目標ですよね。

今日はあるオーナーさんから面白い話を聞けたので一つ。パチンコ以外の「公営ギャンブル」も、ここ数年の下落は並々ならぬ数字だそうで、地方自治体で運営しているところは赤字で大変!みたいです。

一方で、宝くじなどは横ばいだそうで、サッカーのtotoくじが若干伸びているとか。これは、結局売場の問題だそうで、宝くじよりもtotoならばコンビニで24時間購入可能ってこともあり、当たった時の金額の「大きさ」も魅力の一つということでした。私の友人もtotoで20万くらい勝った!と言っておりました。投資金額に対してのリターンは、やはり魅力的、という話でした。サッカー好きならなおさら面白いでしょう。

何が言いたいか?と言いますと、要は上がった「収益」の使い方が「見えるか?」「見えないか?」ってことですね。今、流行り(……もう流行っていないか……)の「見える化」であります。

宝くじは……半分持ってかれますね(笑)。国とか銀行に。公営ギャンブルも似た構図ですが、その収益が特殊法人であったり、独立行政法人であったり……と、あまり知られておりません。あの「仕分け」の時に、競輪事業がバッサリ仕分けされましたけど、宝くじなどはバッサリといってません。

当選金の「大きさ」はCMなんかで大々的にやりますけど、大半の人が「負ける」わけでして、その負けたお金が「こんなところで社会に役に立っている」というのをもっとアピールすれば良いのになぁ、と思う次第です。

totoは、最近、ドルトの香川選手などを使って、スポーツ振興の為に使います!ってやっていますが、多少なりとも「同じ賭けるなら、totoで!」って思いますよね。もちろん、まだまだ公開されていない秘密の部分(笑)もあるのでしょうが、とっても大事な取組だと思います。

さあ、パチンコは、こういった例を応用すると……一体遊んでいる人はどんな心境やイメージとなるか?ですね。最もパチンコの利益率だけで言えば15%〜18%ですから、還元率は高いです!

パチンコ店は公営ではありませんので、主に「機械代」「リニューアル費用」「出店準備金」などにプールされるのかな?なんて思ったりしています。もちろん税金の額も大きいのですが……。

そして、一番はそれ以外に行っている「地域貢献・社会貢献」ですね。ここが目立ちません。例えば「ペットボトルのエコキャップ回収」は、かなり早くからパチンコ店で導入されておりましたし、募金ならぬ「募玉」活動に取り組むお店も多いです。

もちろん、あまり「目立たない部分」で、地域によっては還元の方向も異なるのでしょうけども、パチンコ店はその「街」の中では、比較的大きなお金が動いている「お店の一つ」であることから影響力を考えれば、大小なりともその「積極的姿勢」をアピールしていくべきではないかな?と思います。

とはいえ……事業の性質を考えると、この宣伝や告知というのはなかなか難しいと思います。地味に継続的にアピールできる方法を考えていくべきだなぁ、と強く感じましたね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・『モンハン』に、身ぐるみ全部、剥がされた…(悲)
(解説)
*大負けしたけど、『モンハン』、オモロイっすね。ゲームを全く知らないので、ゲームを始めた方が良いかな?と思いましたが、諭吉くんは数人、僕の財布から旅に出ました。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る