> > 試されているパチンコ業界
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

試されているパチンコ業界
2012/04/23

ドルトムント優勝ですか……凄いな、おめでとう香川! しかし、キレキレですな動きが。ビッグクラブに移籍するんだろうなぁ。見ていて面白いし。日本代表でも活躍して欲しいですね。ハイ。

さて本題に。ちょっとした通達に沸いた先週1週間でした。それはですね、貯玉再プレイ時に貸し出す「手数料」が、NGということになりまして……簡単に言えば、実質の換金行為と同じって認識のようです。

カードをサンドに入れてポイント付与も「射幸性を煽る」という判断のもとにダメということになりました。パチンコ業界は許可営業ですから、組合経由で「これはダメですよ」というものがたくさん流れてきます。

厳しいなぁと思う反面、社会の要請?と言われればそうなのかもしれません。貯玉再プレイに関しては歴史が古く、当時は画期的なサービスでした。低貸コーナーでも貯玉会員になる人は数多く、お店の対応次第ですが、今後どうなっていくのかな?ととても気になるところです。また「プロの方・ヘビープレイヤーの方」などもよく利用していたサービスですよね。「●●発まで手数料無料」となれば、現金投資は少ないですし。

あるパチンコ店オーナーが、今パチンコ業界は「試されているのかもしれない」とおっしゃっていました。「射幸性を著しく煽る」ことの定義は曖昧で、社会の経済事情とか声とか……色んな要素によって時代時代で変化していくところです。パチンコ業界へ向けられる視線はかなり「逆風」ですから、昔は大丈夫だったことも…今はダメ。いや、正しくは最初からダメだったことでしたからいい加減やめなさい、ということなのかもしれません。

あとは「直すか?直さないか?は業界次第……」という感じですが、是正できない場合は遊技機の規則改正含めて規制強化の方向に動く可能性が十分にあります。そうなると……ファンの「幅」がより限定されるので、市場は小さくなるリスクも考えられますので、今なんとかしないと……というところだと思います。

個人的には、生活も価値観も多様化しているので、ファンの嗜好性やスタイルにあったお店がどんどん出てきて欲しいですから……できるだけ「やれること」の選択の幅が広い方が良いのですけどね。この話題もとても気になるところであります。うーん??

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・『上まい』の、エレベーターは、節電中…
(解説)
*なかなか上に行かない、『CR上まい4』であります。地下にもいかないし、エスカレーターも節電中でやんす。ダメだ……相性が悪い!と開き直っている場合じゃなく、なんとか当てなければ! うーん?? どう立ち回るべきか……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る