> > Pメーカーが作る、スロ機は?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

Pメーカーが作る、スロ機は?
2012/05/10

そーかー、「コンプガチャ」の問題、なんだかとても気になる。景表法違反ということで、自主規制を促し……という流れとなって、落としどころが決まるのでしょうけども、社会はどう見るのでしょうか? パチンコ業界もずっと……社会との折り合いっていう部分で悩んでますよね。動向が気になりますね。

さて本題です。今日はちょっとハッキリしないお天気でしたが、色々と動いておりました。スロの開発関係の人と長時間スロ談義。1000枚獲得するのに「どれだけの時間で獲得できるなら楽しいか?」や、違った切り口で開発に取り組んでいるんだなぁと感心する話しなど、色々とおもろい話を聞くことができました。

中でもスロの「液晶演出」に関しては、興味深いテーマを持っているんだなぁと思いました。
今、毎ゲーム「何か動く!」……というのは言い過ぎですが、なんらかの演出がかかりますよね? そういう機種がホントに多くなりました。一昔前は、演出は「前兆やフラグ成立」などで動きが発生し、それを見ながら目押しする!という感じでありましたが、ちょっと液晶演出の「意味合い」とか「ユーザーの感じ方」がどんどん変わってきている、と。

フェイクもそうですが、パチンコのように疑似連続的なものであったり、先読み的なものがあったり。MAXボタンもゲームのアイテムの一つとして必要不可欠となっていますし。可動役物もパトライトもそうですが、扉演出やその他のものを今後はどんどん出てくるのかもしれません。

つまり出玉性能だけでなく、版権だけでなく……液晶演出やサウンド、ハード面やソフト面もすべてが「受け入れられる」ものでないと人気機種にはならないでしょうが、その中でも「液晶演出」はかなり重要な位置を占めるようです。

複数のモードを持たせたり、変化を出したり……よりパチンコに近い形まで進化するのではないか?と感じると同時に、パチメーカーのスロ機は、そのあたりのエッセンスが既に多数含まれていますし、さらに増加すると思うので一気に進化が進むことでしょう。

演出だけを見ると、パチンコに近づくというよりも……ゲームに近づくという感覚でしょうか? いや、パチンコもゲームに近づいているから、パチに近づいている?という表現の方が良いのでしょうか? ……うーん??

ここ数年で、さらに進化し、大きく流れが変わりそうな感じです。スロも注目していきたいと思いますね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・『郷ひろみ』、『くぅちゃん』・『バカボン』……みな冷たい……(悲)
(解説)
*5月は新台ラッシュですから、全部打たないと!とやってみたわけですけど…。みんな冷たいなぁ。『くぅちゃん』も相変わらずヒケないし。でも、最後に『エヴァ』で勝ったんで良かったです。こうやって……カニ歩きするから勝てないんですけどねー。マネしないでください(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る