> > 会話に出てこないパチンコ
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

会話に出てこないパチンコ
2012/05/14

海外リーグもいよいよ大詰めですね。特にプレミアは……どうなるか? 長友のいるインテルも3位はちょっと厳しい感じですが、最後まで頑張ってもらいたいものですね。ああ、これでサッカーもオフシーズンになると思うと寂しいですけども。

さて本題です。今日はスロの話です。最近、外でご飯を食べていても、電車の中でも、よくスロの話をしている人の声が入ってきます。「スロは人気だなぁ」と思い、耳を傾けると、やはり話題は人気機種と「設定読みと立ち回り」の件が大半であります。

とにかく不思議な程に話をしている方は、その状況を説明しようと必死なのですが……、結構スロ話は人に状況説明するのが難しいというか、その機種や詳細をある程度分かっている人でないと伝わりづらいものです。だから会話が「噛み合ってないなぁ」と思うこともしばしばであります。

痛切に感じるのは、こういった会話に「パチンコはないなぁ」という点。滅多に聞きませんね、パチンコの話は。無論、仕事中というか業界人と話をする際は「仕事」として話を聞きますけど、普段話のトピックス的な話にならない程にスロと比べると注目度は低いのかもしれません。

スロユーザーは、どちらかと言うと「みんなで研究しよう!」から始まり「美味しいネタは知ろう!共有しよう!」という意識が強いですからね。疑問をぶつけ合いながらコンビニ等で攻略本を立ち読みしたり、さらにネタを仕入れて実戦で試したものを共有し合う……という感じですしね。

個人的見解ですが、その理由は、昔からパチンコの方は「孤独の遊び」と言われる通り、まだスロと比べると「連れパチ」などの文化形成には日が浅いのかな?とか??考えたりします。

もう一つが……パチンコもしっかり攻略ポイントがあるわけですけども、スロと決定的に違うのは「お店ごとに値段(回転数)が違う」っていう点でしょうか? 機械のみならず、お店の調整方法なども考えないといけない……同じ1000円でも、回転数(抽選を受けられる回数)が異なるという点が情報共有しづらいポイントですよね。

昔を知っているが故に……というわけではありませんが、オカルトっぽい話さえ、出てこなくなっているパチンコ人気の凋落を止める策はないのでしょうか……。射幸性が上がった時は注目度が上がるのですけども、それ以外に方法はないのかな?と。

小生も……長考したいと思います。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
絶頂も、結局最後は、1万負け……
(解説)
*『番長2』でアツくなってしまった…あそこで止めておけば良かった…。はい、1万負けです。ええ、絶頂行っても負けは負けです。投資がデカかった。甘くない、スロも…。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る