> > きっかけは……なんでも良いっす!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

きっかけは……なんでも良いっす!
2012/05/16

いつもならサラっと流すニュースですが、プロ野球の球団社長が集まって、観客動員数減少を止めるべく協力していこう!という動きがあるようです。いやいや、野球だけでなく……サッカーだって、プロレスだって、パチンコだって……。ファン拡大に向けて協力していくというのはホント、必要だと思います。totoは好きだけど、宝くじだけには負けたくない!と思う今日この頃です。というのも、はっきりとその収益金の使い道がわからないですし(笑)。

さて本題です。今日はとてもムシムシしていて、さらに雨もチラつく中、相変わらず東奔西走、飛びまわった1日となりました。

厳しい世の中なんで、どうしても「経費節減」や「改善・工夫」により、毎日頭を捻りながらもアイデアを出しているのですが、一方で大事な部分までは削ぎ落しちゃいけないなぁと思った次第です。

パチンコ店もお客様商売ですから、やはり「見えるところ」はキチッとする必要がありますし、好印象を持ってもらうというのはとても大事です。その線引きが「どこになるのか?」というのは重要です。特に機械は大きな投資になりますが、あまりに「導入しない」ということでもマズイわけでして……物事には“程度”がありますからね。

頭の痛い話は、やはり「低貸」コーナーの営業方針です。昨今の景況感の悪化で以前ならば「オマケ」のような位置付けであった店舗も多かったのですが、今ではメインコーナーとなっているお店がどんどん増えています。これが、お客様の求める答えなのかもしれません。

出玉などの営業形態はもちろんですけども、お店は当然ですが従来かかっている「固定費」は同じです。売上は減少、利益は……お店によって異なる!という感じ。そして、そのステージでの競争はさらに進み、新台入替はもちろんパーソナルの導入などの設備投資の充実、等価交換・高価交換のお店の集客……という形で、固定費負担は重くなっています。このバランスを……どうするか?っていう部分ですね。

競争に入って疲弊してしまっているお店も増加しているので気になりますし、逆に店舗間競争は激しくなれど、実際のファンの増加につながっているか?と言えば、まだまだ「低貸パチンコ・パチスロ」の認知度・経験度は低く、もっとアピールする必要があると思います。

コスト削減は大事ですが……例え「低貸」や「パチスロ」というキッカケであったとしても、お客様を増やす為に力を注ぐ!ということは大事だと感じます。その継続がファン増加の礎になりますので。頑張ってもらいたいものであります。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・翼をね、もらったけれど、諭吉いない……
(解説)
*やっとこ『エヴァ』で「翼をください」が聞けました! 長かった……長かったなぁ。でも、諭吉はいなくなったんですよねー。負けちゃいかんです、負けちゃ! ああ、ツキのない5月だ……(悲)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る