> > 入替がホントに早いけど、大丈夫?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

入替がホントに早いけど、大丈夫?
2012/06/26

なんだかなぁ……連日、政治のニュース&民主党関連のニュース。もう飽き飽きって感じですね。日本はこの不景気「あと1年続くんじゃないの?」と一人で毒吐いてみたり……、今のままじゃホントに日本はダメダメです。もっと外交とか海外進出とか円高メリット追求するとか、スピード感がないとさらに景気が悪くなるのに……とボヤイてみた1日でした。

さて本題です。ちょっとパチンコやパチスロの機械の分析やら調べ物などをしていたのですが、スロの新台ラッシュが続いているのが目立ちます。とにかくペースが早くて、比例する形で寿命も短くなってきていて複雑な気持ちですね。うん。

メーカーもお店も「頑張って作る」「頑張って集客して使っていく」というのはわかりますけどね、これじゃバランス悪いだろうなー、と勝手に想像する限りです。自由競争ですしね、それはそれで悪いことじゃないですけど、打ち手は「期待値」見ながら研究もしますし、今や勝負もしないですから(笑)。

通説っていうか、都市伝説ですけど、決まって人気機種は「射幸性」と「ゲーム演出」が必須条件ですよね。それが時代も変わって「射幸性」って軸から「ゲーム演出」へと主軸がシフトしてきており、パチンコが……既にその部分で折り合いがつかない(=品質向上で、コストかかって、割高感があり……ビジネスを難しくしている?)状態になっているのに、スロも同じ道を辿るのか?と危惧してます。

スロは調整が「設定」なので、入替効果がパチよりも高い!というのは分かるんですけどねー、特に6月は新台の寿命がどんどん短くなっているのも気になります。

「新台→減台→バラエティコーナー設置→撤去」となるのですが、既に打っていない台が早々にバラエティーコーナーに設置されると寂しくなります。だって、そうなると……もう誤爆狙いしかないじゃないですか!(笑)。

心理的にはそういうものだろうなぁ、と思いますけど。

今後はどういうペースで機械もリリースされてきて、お店に設置されてくるのでしょうか? そして……景況感は好転するのか?しないのか?…ええ、しばらく好転することはないでしょうね、想像ですけど……。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・食べられる、エビ・カニ・タコで、当たりたい!
(解説)
*『大海』ね、『大海』。久しぶりに勝利したんですけど、最初はアンコウで大当たり! 同じ食べられるなら、最初にエビやカニやタコで当たって欲しいですよねー。もう時短中はドキドキしてしまう! ……心臓に悪い(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る