> > 今、ジャグファンは、なに思ふ……??
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

今、ジャグファンは、なに思ふ……??
2012/07/03

サッカー「ユーロ2012」が終わってしまいました。しかし、スペインが強かったなぁ。イタリアもケガ人が出て不運だったのもありますけど、終始ゲームを圧倒してましたよね。もう朝までしっかりと観てしまいました。これはオリンピック期間も寝不足確定だな(笑)。

さて本題に。昨日に引き続き、今日はジャグについて書きたいと思います。最近、パチンコよりもスロ、スロならジャグよりも『番長2』ばかり打っているのですが、ジャグファンもパチで言うところの『海』ファン同様に、非常に数多くの常連ファンが存在するのは誰もが認めるところです。

「5号機当初にジャグが人気を集めたのは……出玉性能だ」という人もいます。確かにあの頃はジャグが一番?と思う要因はたくさんありました。4号機時代の機種に慣れたお客様もたくさんいましたし。

もちろん現在でもART機が既に全体大半を占め、少しづつシェアは減少していますけども、変わらぬ人気の高さを誇っていますし、シリーズ機も減台や撤去されずに「残る」という、息の長さで言えば、ファンのみならずお店の人も非常に重宝しているはず。

問題はパチンコの『海シリーズ』同様に、ジャグが「メインコーナー」ではないお店が増えたこと。現在、新台のほとんどが「ART機」ですから、見栄えの変化で言えば「ARTコーナー」が活気づくのは当然です。以前、5号機時代初期はジャグコーナーが「メイン」であった事もあり、それなりに「遊べた」のですけども、今は「あまり手を掛けないなぁ」という印象がとても強いです。

プロっぽい人の立ち回り方を見ても、また常連さんの減少もある意味「当然といえば当然」の成り行きということなのかもしれません。また短時間勝負を好むユーザーよりも「長く、安く遊びたい」というユーザーが増えてそのお客様が今のメイン層となっている背景も影響しているのかなぁ、と。

「なぁーんだ、今のスロはART機よりジャグの方が投資がかかるよ!」って意見も聞くので、ホントに時代は変わったなぁ、と感じます。以前はジャグラーが「最後の拠り所」みたいな一面もありましたし。真逆の意見にはちょっと時代を感じたりしますねー。

「ジャグラーに代わる機種は、ジャグラーしかない!」と言われていますが、メーカーもお店も……とても大事にしている「ブランド」ですからね、変わらないゲーム性という「面白さ」があっても良いと思うんですよ。

だから、お店の人も……もう少し力を入れて欲しいと思ったりしています。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・シャッターは、いつも早めね、マリンちゃん!
(解説)
*ダブルラインでマリンちゃんリーチになり、シャッターチャンスが出現してハズレる時って……いつも1コマ早いんですよね? もちろん、オカルトですけど、ヒキなのか?廻り合わせなのか? 「タイマーをセットしてくれ」といつも思っているんですけどね(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る