> > 1円でも安く、安く、安く……
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

1円でも安く、安く、安く……
2012/07/26

ほほー、新日本プロレスが「コミックマーケット82」と「東京ゲームショウ2012」に出展するようです。エンターテインメントは、スポーツもゲームも……場所も人種も垣根を超えて広がっていく可能性があるので楽しいですね。どんどん盛り上がれば良いのになぁ。プロレスや相撲はパチ同様、100年後も残ってもらいたい文化です。ハイ。

さて本題に。今日も暑い1日でしたね。来週も猛暑らしいですが、今はとにかく元気を出して仕事しないと、楽しくないですものね(笑)。

ただ……今はなんでも「1円でも安く!」が世界のスローガンになっているような感覚がります。製造業でも小売業でもサービス業でも「とにかく、安い方へ安い方へ」と嗜好が向かっていますよね。しかも「安かろう、悪かろう」ではダメですから、一定の品質(仕事とか……)を確保していかねばなりませんので、所得も下がっちゃいますけど、プレッシャーも半端じゃない世の中になってきたなぁ、と切に感じるところです。

パチンコ店も「1円でも安く」という傾向はユーザーの動きを見ていても明らかです。実は低貸での「貯玉会員」も増えているんですよね。端玉景品には替えず、小景品分貯まったら交換する……という考え。

端玉景品のマーケットはかなり大きく、一般景品だけでも1兆円産業と言われているのですが、最近は「ちょっとやそっとの商品では反応しない」というのが現状です。もちろん、等価交換営業のお店が増えているっていうのもありますね。

この傾向は事実として受け止めつつも、実際はここでもパチンコ産業の市場規模は縮小しているというのがわかります。お客様の中には、自分で水筒に麦茶を入れて遊技する人も季節的に増えていますし(笑)。

個人的にはちょっとわからない感覚(笑)ですが、どんどん「安い方」に向かえばデフレ脱却には何十年とかかりそうな予感がしてなりません。あれ?言い過ぎですかね?

こりゃ日本のシステムを変えないとダメですね。残された職業は政治家しかないかも?ですが……地盤・看板・カバンのうち、特にカバンがないとなれませんしね(笑)。

こんなことを妄想しながら、ラオウと闘っておりました。もー、4号機時代と違って、剛掌波が出てきた瞬間の失望感ったら、ありゃしないですね。今日のケンシロウはハイキックもかわさないものなぁー。

ケンシロウにタイのムエタイへ修行に行ってもらいたいと思った1日でした。今日は食事抜きだ……。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・準備中、メダルがなくなり、また1000円……
(解説)
*準備中にどんどんメダルがなくなり、追い銭1000円。こういうのが「もったいない」と思う反面、きっとヤメ時なんでしょうね。人生もヒキ次第ってことなのでしょうか(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る