> > 「宝くじ化」が進む遊技機……
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「宝くじ化」が進む遊技機……
2012/08/01

今日もまたオリンピックの話題ばかり飛びこんできた中での、元オリックスの田口選手の現役引退のニュース。うーん、残念っす。松井選手も日本の移籍期限切れということもあって、行く末がとても気になるところです。プロの世界はやっぱり厳しい。結果を出さないといけないですから。でも、ホントにお疲れ様です。

さて本題に。今さらですけど、オイラは宝くじが大嫌いです!(笑)。何故か?当たらないからですねー。単純です。正しくは「当たる気」がしません。最近、パチやスロにも似たような感情を覚えてます。今totoもそうですけど、テレビではたくさんCMを流され、コンビニでもネットでも購入できる……、そこで買う人の気持ちを少し考えてみました。

「当たるかもしれない!」という気持ちと、当てるには「買わなきゃ当たるわけがない!」とありますが、大好きな人に話を聞くと「記念だから……」とか「ま、その発表までの間は楽しめる」などなど。半分以上は国に納めるのに……、何故かその負けた金額は納得されるんですよねー。大金が当たった暁には「どんなことをしようか?」と夢が実現できそうだと楽しい気持ちになる効果が宝くじにはあるのでしょう。きっと。

では、パチやスロを打つ人はどうなんでしょう? 正直、6億円をゲットできることはありません(笑)。しかも「遊技」ですからね、遊びに「技」があるわけです。……いや、正確には「あるはず」なんですけど(笑)。ここ突っ込まないください!微妙ですから!

時間とお金を消費しながら、自ら参加して「楽しむ」という部分が宝くじとは決定的に異なるわけです。ただし……特にパチンコにおいては技術介入要素はほとんどありません。いわゆる「宝くじ的なもの」になりつつあると思います。これは過去、ファンの裾野を広げる意味もあったのだろうと勝手に推測するわけですが、止め打ち・ストローク・釘読み……などなどを楽しめる「環境」ではありませんね。ほぼ、すべての機種は「演出」や「スペック」ですし、お店の調整読みが「技術介入」と呼べる部分かもしれませんが……読む・読まないのレベルになっていません(笑)。個人的にそのように感じます。

スロの方がパチよりは技術介入性があるものの、以前と比較すれば「宝くじ的要素の強い」部分が強くなっていると思います。つまりファン拡大に貢献するが、攻略要素や技術介入性を好む層はどんどん離れる……そういう局面と矛盾があるということでしょうか?

特に若者の「パチンコ離れ」は深刻です。例を挙げますと、「初代の『CR牙狼』が登場した時、あの「仕組み」はどうなっているんだ?と、ファンが夢中になって調べた」のようなことがありましたが、……今後技術介入(攻略要素含めて)のある遊技機が「継続的に作っていけるか?」ということを考えてしまいます。

話がまたも大きく脱線しましたが、宝くじや公営ギャンブルとは異なり、そもそもパチンコ業は「遊技業」なんですよねー。どんどんパチンコやパチスロが「宝くじ化」していくのが、怖いです。新たなファンが増えているならば良いですが、今は逆に向いているなぁ、と感じてます……。

オモロイ機種の開発を期待したいなぁ、と思うと同時に何か上手いこといかないでしょうかね? 流れは「技術介入」などの方向性になっていませんから、無理なんでしょうが、小生が生きている間、ずっとこの路線で行って、お客様やファンが増えていくのか?と不安です(笑)。

……バランス、バランスなんでしょう。今の路線ばっかりでも行きませんし、180度方向を変えるというわけにもいかないでしょうしね。マーケティングは「市場とのコミュニケーションだ」という言葉を思い出しました。そう考えると、答えは出ているのになぁ、と思ったりして(笑)。
意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】 ・出てくれよ! クラゲはどこへ、行ったんだ?
(解説)
*『大海物語2』を打ちながら、まったりしていました。ボーっと何も考えずに画面を見入っていたのですが、気付けば今日もクラゲは1回も出ない! 今、クラゲは日本近海にたくさんいるはずなのに! もちろん魚群なんて出ませんよ。月がかわればツキも変わるさ! 何かが憑いているかもしれませんけど……(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る