> > 知り過ぎる功罪って?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

知り過ぎる功罪って?
2012/08/02

ウナギに続いて、サンマもとても高騰しているらしいですね? 地球規模で起きている温暖化の影響が魚を含めた海産物に……ヤバいっすよ! パチやスロ打ちながらも、地球温暖化問題は、オリンピックとかでもメッセージを出して欲しい!と妄想しているんですけどね(笑)。

さて本題です。今日は、某攻略雑誌関係のエライ人とお話する機会がありました。とても勉強になりました。ハイ。

というのも、今のパチやスロ……キーワードとしては「完全情報公開社会」というのでしょうか? ユーザーとしてはスグに「すべてを知り得る」ことで面白さは半減しているのではないか?ってことでした。

ほんの少しですけども「秘匿性」というか、少し頑張ると「こういったネタ(情報)が入りますよ」という余地が残されている方がユーザーの探究心を煽り、また面白さという点でも「深み」が出てくるっていうものです。その方曰く、昔であれば、その役目が「攻略誌」であった、と。今は……その大半のネタはスグに「完全公開」されるので、ユーザーの感動も薄れてきているんじゃないか?、という話でした。

ぶっちゃけ、それが社会の要請っていうか、ユーザーニーズならば、そのこと自体は問題じゃないんですけどね。ならば、そこまで情報がわかっても「面白い!」という機械を開発するだけなんですが、そこにも今はサプライズがないと言いましょうか……。

難しいんですけども、「完全ネタバレ」以下で「ちょっと知っていると楽しめる」以上っていうんでしょうか? 言葉にすると難しいんです。ちょっとした秘匿性と少し「知識」があるという優越感……それと、全く逆の軸である「できるだけ多くの情報公開」っていうバランスでしょうか? そういった矛盾の境目・細かな勘所……ここがムーブメントを呼ぶポイントではなかろうか?と。

ホント、その意味では、メーカー・お店・業界関係者……一緒になって悩み、またバランスという名の「曖昧さの追求」というのに、歩を止めずに進んで欲しいなぁ、と思う次第であります。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・アメージング! 今日も神様、降りませぬ!
(解説)
*ある人曰く「『ゴッド』に期待しちゃダメだ!」と言われたばかりなのに……それでも『ゴッド』が打ちたくなる、不思議ですよねー。だって、いつか神様が降りてきたら……と思っても良いじゃないですか! あれ?期待する方が無理ってことなんですかね。うーむ??




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る