> > “乗り打ち”が日常になる?……かもね!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

“乗り打ち”が日常になる?……かもね!
2012/08/08

……男子サッカー……ずっと応援していたのですが……残念でした。負けてしまいました。なでしこに引き続き、この勢いを……と思っていたのですけどね。でも、まだ3位決定戦があるので、最後まで頑張って欲しいっす! また応援していますよー。

ということで、今日も寝不足の人が多いと思います(笑)が本題に。最近、朝一番で「潜伏確変」の台をチェックして回る人が増えた……という話をよく聞きます。この立ち回り方自体は特に“新しさ”もなく、全く異論も何もないのですが、お客様の手間が増えて「より緻密になってきた」と某店長はいうのです。

労が多い=手がかかる……ということですね。なんというのでしょうか……以前、パチプロの人も「開店プロ」とか、その立ち回りについては、今と異なった「執念」や「情熱」を持っていたと思いますが、最近はこの辺りも変わってきたんですね。

その背景には、恐らくユーザーのネットワーク網が異なってきたからでしょう。昔ならば「並び客は全部、敵だ! 狙いの台をなんとしてもゲットする」という楽しさ(?)もあったように記憶してますが、今じゃお店の評判・評論や動向についての情報交換が積極的に行われているということです。

そうなんです、しっかりコミュニティが出来ているってわけです。「え?今じゃそんなのは当たり前だよ」と言われて驚かされた……という顛末。なんとも恥ずかしながら現在のパチンコ最前線の一面を改めて認識した次第です。

例の広告・宣伝の法遵守厳格化ではありませんが、こういった口コミ・地域ネットワークが無数に出てきて、それに乗ることが最も質の高いネタ(情報)になる日も近いのかな?と妄想する反面、ガセ(偽情報)も多いでしょうから、もっともっと「小まめ」に、かつ「慎重な立ち回り」が増えてくるのかもしれません。もしかして「乗り打ち」とかが、日常になってくるのかも?と。100人くらいで乗り打ちした場合、勝てるか?って考えると楽しくなりますが(笑)。まあ、勝てないでしょうけどね。

こういう部分を含めて……パチンコの楽しさは色々だな、と感じますよ。だって、潜伏台などはなかなか見つけられませんし、大変ですし……。でも自分が当たらなくても「あー、あそこのお店は度量が広いんだ!」とそれだけで好印象と感じ取れるとも言えますし……。ま、単純ですが、そういう部分があってのパチンコですよね。

また話がズレましたけど、口コミやネットワーク網は能動的にお店が動くことが出来るはずもなく、また、仕掛ける部分ではありません。常に話題を作っていくというのが、お店はもっと難しくなるでしょう。だからこそ、お客様の記憶や経験で大事に「残っている」ものを予測し、愚直に立ち向かうっていうのが大事です。

まだまだお店が出来ることってたくさんありますよ! 頑張れ、パチンコ店!

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・『シティ』でも、『モンスター』でも、狩れません…(悲)
(解説)
*ホント、スロの『モンスターハンター』でダメだからって……『CRシティハンター』で勝負したのが誤りでした。だって、夢みたいじゃないですかー(笑)。ハンターじゃなく、いつも「狩られる」方だ……。うぅ〜。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る