> > 好き!っていうのは、“愛”だよね?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

好き!っていうのは、“愛”だよね?
2012/08/09

ホント、毎日オリンピックで盛り上がってますね! 今、注目している競技が「十種競技」です。多分、競技している人は「誰が世界で一番凄いのか?」っていうのを追求している人だ!って思うんですよね? 走るのも跳ぶのも投げるのも……世界最強と言えば、十種競技だ!って感じてしまう今日この頃です。あまり目立っていないですが、頑張って欲しいものです。

さて本題です。今日は某大手ホール法人さんの偉い人の話を聞く機会がありまして、凄く業界に対して“愛”があるなぁ、と思ったトピックスを一つ。

その方曰く、どれだけ社会状況が変われど、若者の「パチンコ離れ」があれど、お店をやっていく上で「愛情がなくなったらおしまいだな!」という意見に感動しました。

ぶっちゃけ、広告規制だとか……色んな意味で「全然、社会的な立場とか……上がるわけないじゃん!」という意見が多数を占める中、それでも「なんとか突破口を見出そう!」っていう前向きな意見が出るのは、やっぱり「スゲー、パチやスロが大好き!」ってこと以外、何もないんじゃないか?って思いました。

どんなに厳しくても「好きならなんとでもなる!」という気持ちって、お客様に伝わるじゃないか?っていうんですよねー。それ、凄い分かります。最後は「どこまで意地張れるのよ?」ってことになるんですが、そこまで頑張れるのも「愛しかないなぁ」という部分。ホント、同意です。

ユーザー目線で言えば、同じパチやスロで遊ぶにも「そういうところを知っているお店で打ちたい」って思いますもの! 店長が「遊び心があるな」とか「ホント、好きなんだろうなぁー」というのは、とっても大事で、そのお店の空気感でわかるお客様ならわかると思うんですよね。自分もそういう「類(たぐい)」ですし。

改めて「好きじゃないと問題があっても疑問にも思わない」という部分、これが今の社会にも多いのではないか?と。ホントならば、根底に「愛」があれば……例えば食べ物が好き、お客様の幸せな顔が見たい……色々あると思うんですけど、そういうところからすべてははじまるっていうんでしょうかね?

アミバじゃないです(笑)が、「あれー、間違ったかな?」という「ワビ・サビ」があるお店の方が打ってて楽しいですしね。それは必ずや伝わり、結果として固定客になるというか……。まあ、パチ業界でも大好きな人ばかりでない、別なエッセンスを入れるっていうのも大事なんですけねー。突っ張って、意地張って、生きる……そういう部分がもっともっとあって良いはずだ!って強烈に感じましたよ。

清濁併せ呑む、そんな度量の深さが、この業界の良いところっていうのを感じた1日でありました。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・おお『牙狼』! 相も変わらず、Sですね(悲)!

(解説)
*『牙狼』……もーねー、語りつくせないくらいハマって(笑)いるんですけど、ホント「ドS」ですわ。まー、全然思い通りになってくれない!っていうんですかね?(笑)。負けた後に「ああ、『CR餓狼伝説』打てば良かった!」というプレイヤーも多いのでは?と妄想した1日であります。ハイ。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る