> > “10%”はホントに重いね!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

“10%”はホントに重いね!
2012/08/14

へー、スペル・デルフィン氏が和泉市議選への出馬を表明!ですか。つい、奥様で元アイドルの早坂好恵さんは元気なのか?とか考えてしまいますけど(笑)。マスクを着けての選挙活動となれば、あのサスケ以来ですからね。知名度活かすのなら、マスクは必須でしょうから。どうなんでしょ?

さて本題に。ここ数日間、暑いのはもちろんなのですが蒸しますねー。ちょっと同じ暑さでも「質」が違うので、寝苦しい人もいるかもしれませんが、毎日お店のチェック、頑張ってもらいたい!と思います。

お盆中なんで、今回はちょっとお勉強とばかりに消費税増税の話を一つ。ご多聞にもれず消費税増税法案成立しましたので、パチもスロも8%→10%と段階的に上がっていきます。

数年前から、「増税時の対応」についての議論は進んでおり、まだ結論は出ていないものの、今回はなんらかの対策が取られることと思います。

「えっ?なんらかの対応って?」

と疑問に思う人がいると思うので少し整理しますと……。ぶっちゃけ消費税0%から3%になった時、3%から5%になった時……と色々ありましたけど、パチやスロってずっと「内税」でした。ハイ。

「内税って??」

というユーザーの皆様にもっと突っ込んで解説すると、貸玉単価は1玉4円です。スロは1枚20円。(低貸は別として)本来であれば、売上時点で消費税を加える「物品」が多いですよね? 外税なら、パチ1玉4.2円、スロは1枚21円が正解! でも内税だから今はすべて「お店が一時、預かったものとして支払う」という図式になっています。これ、間違っちゃいけないのは「お店が代わりに払っている」ということではありませんよ! しっかりそういうのも計算に入れて機械調整や運用しているってことです。

だから、昔よりプレイヤーへの還元率が「悪く」なって当たり前。でも、全くその辺が見えない&不透明&店毎に異なる……等々が今でも問題になっていますし、あまり「フォーカス」されなかった点なのかもしれません。

さあ、いよいよ8%、10%という時代がやってきます。パチやスロだけでなく「内税」という感覚のレベルではありません。何故なら「金額が大きすぎる」からです(笑)。あるお店の粗利が年間10億円ならば……今なら消費税5000万が1億円になるんですから! もう、調整とかいうレベルでなく、しっかり「財務と運営」という管理面の部分で言えば、しっかり区分けしないとマーケティングにつながっていかないでしょう。

そしてお店も「後から払う」となれば、負担感は大きいですし、プレイヤーも今でも「消費税を払っている」という感覚がない中で、ある日いきなり「1玉4円が4.4円に、1枚22円になりました」と言われれば、マインドが冷え込みますし。

もちろん結論は出ていないので「勝ったお客様から頂く」のか?借りた時点の玉やメダルを目減りして運用するのか?と、色んな角度で考えられているので、一つの答えが出るはずですが……とにかく「10%はとても大きいなー」と感じる今日この頃です。

近い将来、必ずやってくる話で避けて通れないのですけど、ますます暗くなってしまったチャーリーでありました(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・決戦の、その日が来るまで、立ち読みだ!
(解説)
*もう心に決めて……盆中は「15日に一点集中」勝負する!って決めています。「お店もここにいこう」「機種はこれだ!」と決め、そして……予習はコンビニで立ち読みです。我ながらセコい!セコいなぁ(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る