> > 低貸でも目立ってきた“入替”
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

低貸でも目立ってきた“入替”
2012/08/21

甲子園の桐光学園、負けちゃいましたねー。三振記録でかなり盛り上がっていましたけど、まだ2年生なんでしょ?凄いです! 来年の春も夏もチャンスがあるんで頑張って欲しいですね。ま、激戦区の神奈川を勝ち上がるのも大変ですけど、必ずまた甲子園に出るんじゃないでしょうか。うん。

さて本題です。今日も1日暑かったですね。9月下旬までこの暑さが続く……っていう話もありますが、ホントでしょうか? 30度超えが当たり前っていうのもシンドイものです。

と……すっかりバテバテモードながら、パチンコ店周りも仕事の一つ。特に月曜日は新台入替が多いですから、タオル片手にしっかり観察して回っておりました。

まっ……個別の機種評価はさておき、最近はホントに「低貸コーナー」にも新台がたくさん導入されていますね。ご存知の通り、低貸コーナーが普及したキッカケの一つが「ある程度、古い機種の設置でも、それなりの稼働が確保できる」点が特徴でした。設置台数は少ないですが、お客様にはそれなりの納得感があった、と記憶しています。

ところが今では……低貸の導入店舗比率は90%以上ではないでしょうかね? 設置台数も着実に増加傾向。そして、一物一価の関係もあるのでしょう、等価交換営業のお店もかなり増えてきました。

そして……いよいよ「新台入替合戦」のステージへと突入したなぁ、と感じています。打ち手から見れば、そりゃ「低貸で、新台が導入されれば、打ちたい」と思う人は多いはず。安く遊べるわけですし、演出も多数見れますしね。

困るのはお店でしょう。だって、4パチと比較すれば売上は半分程度。利益だって目減りしています。4パチでさえ「パチやスロの新台は高い!」と問題になっているのに……それを低貸コーナーで初日から運用するわけですからね。競争が激しいお店では「他店と圧倒的に差をつける」部分、速攻性がある……等々、色々考えての入替なのでしょう。

さらに困ってしまうのが、資金力のない中小ホールですね。稼働重視で利益額を落としているので、4パチのようなペースで新台入替はできませんし、ある程度の還元も必要になります。次なる展開は恐らく……低貸コーナーの「機械寿命が短くなる」という部分になるのでしょうか? こういったお店同士の競争が激化すると、ここにフォーカスされる、そんな予感がしてなりません。

パチスロも「5スロ」中心に広がりを見せています。おそらく、パチの低貸と同様の流れとなるのでしょうか? まずはバラエティ化からスタートし、中古での入替頻度を上げ、1台づつの小規模な新台入替を進め、その後はさらに入替が進んでいくという感じでしょうか……。

プレイヤーから見れば、最も「分かりやすい変化」であり、集客という「速攻性」と「効果性」等の反応も分かりやすいですから。

何度も言いますが、お店は大変だと思います。ですが、プレイヤーから見れば、そのことと勝ち負けがリンクする……ということではありませんし、変化の一つでしかないでしょう。広告規制の厳粛化により、以前よりも入替の「重要度」が増してきてます。1年も2年も継続することで、「低貸でも新台が打てるお店」と認識されれば、大きなアドバンテージとなるのは明白です。大手チェーン店は積極的にそんな戦略で展開していくのではないでしょうか?

パチンコ業界もどんどん淘汰されていくのでしょう。うーむ??

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・二連続! 隣に座って、即確変!
(解説)
*おっと、オイラが「確変」を引いたのではないですよ!(笑)。『大海2』打ってたら、隣におじさんが着席。ソッコー確変引いて連チャンし始めたので、たまらず『CRシティーハンター』に。そしたら、またも隣に別のおじさんが着席し、即大当たり! ST中に16Rをバンバン引いておりまして。ツイテない人の隣は「ツキ」があるのか? いや……そんなことはないでしょうが(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る