> > 『タロウ』は面白いね、ホント。
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

『タロウ』は面白いね、ホント。
2012/09/10

雨が降らずに水不足というのも困ったものですが、キャベツと白菜は豊作により出荷を停止しているって言うニュースも気になります。冷夏の年の冬の白菜の「高騰っぷり」を知っているが故に……今年はみんなキャベツや白菜をたくさん食べて消費してくれ!と思ってしまう程であります。自然に関わることは、思い通りにいかないこともあるでしょうから、農業はホント大変だなぁ、と思いました。

さて本題です。土日も目一杯……レポートを書いてました。仕事に集中できる時間があるだけでもありがたいのですが、正直キツイ……。ということで、完成後は解放感いっぱいになり、気が大きくなって、またもやパチンコで散財してしまった物語を一つ(笑)。

勝負した機種は『CRウルトラマンタロウ』。そうです、なかなか打てなかった機種……。空き台はいつも「ドハマリ台」のみ。今日は大当たり17回、回転数252回の良さげな台をゲット。前回当たりまでは900回のハマリで単発終了という微妙な履歴でしたが、迷わず打ってしまいました。

「タロウ」といえば「ウルトラマン……うーん、山田か?いや、矢部もいるなぁ?」と連想していたら、あっという間に予算終了。2万負けです。

結果は置いておき、率直な感想としては「また打ちたい」と思う機種であり、超人気があるのも納得です。同じスペックでも……類似機種がたくさんありますが、『タロウ』は面白いです。たくさんマックスタイプを打っていますが、『タロウ』で遊ぶと、新機種でこのレベルを「超える機種」が出ない限りは浮気するお客様も少ないだろうなぁ、と。

同じく京楽が先日リリースした『AKB48』の質感や完成度のレベルも他機種とは違いましたし、追随するメーカーが出てきて欲しいと思う反面、しばらくこのレベルのパチンコ機が出てこないんじゃないか?と感じましたよ、ホント。

パチならば3ヶ月に1度のペースくらいで4機種くらい市場に出てくれれば、もっとシェアは広がるのでは?と思った程で、他メーカーも1ヶ月に1機種というペースでなく、作り込みに時間をかけて販売してくれれば……って思うんですよねー。1機種当たりの販売台数が上がれば、メーカーもOKでしょうし、お店も新台を買わずに済みますし、負担が減少すればそれだけ還元率も上がるというものですし。

ウルトラマンなら「ウルトラマン・セブン・タロウ」でシリーズ機出せますしね。仮面ライダーも持ってますし、仕事人も冬ソナもあるし……。そう考えると、ホント人気版権をたくさん持っているというか、すべてを人気版権に「育てた」というか……。京楽さんは凄いです。

『AKB48』のドぎつい「マックスタイプ」の新シリーズ機の登場を期待しております! ドMなんで20連したら握手権ゲットとか(笑)……そんなシリーズ機でないでしょうか? ぜひ、お願いします! その前に『タロウ』も『AKB』も攻略せねば……。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・お餅はね、もう嫌いだよ、モチロンくん!
(解説)
*臼怪獣「モチロン」ばっかり出てくるんですよねー。これが発展しないんですよねー。もう、お餅が嫌いになりましたよ(笑)。発展するところが見たくなったじゃないですか、誰か回るお店教えてください!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る