> > お店が「期待している」機種を狙ってみよう!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

お店が「期待している」機種を狙ってみよう!
2012/09/28

なんか、ミスタードーナツが月末まで「半額セール」ってことでとても賑わっているようですね。その反面、忙しさのあまり従業員が不満をツイートして祭りになっているというニュースを知りました。IT時代ですね……内部から色々とコメントが出ると、色んなところに影響がでますなぁ。怖い時代だ。

さて本題に。今日はエンターライズのパチスロ機『バイオハザード』の展示会に行ってまいりました。やはり実機を触って打ちこむのが一番ですね。とはいえ、展示会ですから短時間しか打てないので、良さと言っても一部分だけしかわかりません。

でも、良さっていうか「こういう物を作りたい」というコンセプトは理解しました。12月のお店への登場が楽しみです。

で、その後はお店の方と歓談&打合せ。さらに近隣のお店を観察して、今後の機械入替の流れを整理し、機種の人気を共有しながら作戦を立てておりました。

「えっ?機械買う立場なのに……作戦ってあるの?」という疑問を持たれるかもしれません。ええ、デフレですからね。ほとんどが買い手有利じゃないか?って感じられる人も多いとは思いますが、人気機種ほど「欲しい台を、欲しい時期に、欲しい台数」で入手するというのは結構大変。

逆説的ですが、新台入替ばかりを目当てにしているお客様ばかりではないですが「(入替を)目当てに来店されるお客様」もいるわけで、そういったお客様を「取りこぼさない」という意味では、人気機種の獲得・導入は必須。

しかも……限られた原資(お金)の中で、選りすぐらねばなりませんのでね。先日も書いたように、どちらかと言えば「利益優先」じゃなくて、「稼働を優先する=人気台」って構図になるのでしょうか?

この作戦っていうのは……結構、大きな(笑)な話になります。大体、全国で○○台限定発売っていうケースが多く、その登場時期に機種数が集中すると「多機種小台数」を選択するお店が多くなるんですよね。販売を目論んでいる台数と市場に出てくる台数と……そして希少価値があるか?とか、特徴的なのか?とかとか。

そこから地域に落とし込むってわけです。よく「適正台数」って言葉を使うわけですが、多すぎず、少なすぎず……という部分でしょうか? ですから、さらにその先に登場予定の機種なんかを読むっていうのは、重要なんですよね。運用方針なども決まるし。

ま、それでも一度「導入する機種・台数」が決まれば、それを一生懸命活かす為に、次のステップに移る訳ですが、原価管理はどのお店も緻密じゃないでしょうか。

何気なくお店で遊んでいる時に、そんな目線で機種を見てもらえると嬉しいんですけどね。台数などによって「力の入れ方」も違いますし、お店の期待の「大きさ」もわかりますから。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・バトル負け、ダダをこねても、後の祭り……
(解説)
*『CRシティーハンター』でコテンパにやられてしまいましたが、『タロウ』に移動して500円で突確引きました! 「これは……何かが起こる!」と期待したも束の間、右打ち「9回転目」にバトル発生。ダダに敗戦……危険度☆2なのに……。「出玉無→出玉無」って奴です。データは「大当たり回数2回」で上がってむなしい。ダダをこねてもダメでした……。働こう!明日からもっと働こう! うん。うぅー(悲)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る