> > 楽しみを探した1日
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

楽しみを探した1日
2012/10/10

やっぱりなー。今日は人身事故で小田急線が止まったんですよねー。そして……2時間ちょっと動かなくって、電車の中で待機してました。過去の経験から「振替」で別路線に動くと、そっちの方が時間かかっていたので、今回は動かなかったら……こんな感じです(笑)。禊ぎが必要ですな、うん。

さて本題です。ホントにここ数ヶ月、暗い話ばかりが出てくるので「なんとか楽しくパチンコやパチスロが打てる方法はないのか」と色んな人に問いかけています。とはいえ「自分のお金を使って遊ぶのは嫌」という人が実に多いですね。これも無料ゲームの普及の影響もあるのでしょうか? 「負け試合は教師だ!」といった、前日本代表監督のオシムさんの言葉が思い出されます。ですねー、負けた時こそ、楽しむチャンスは広がるのでは?と。

どんな機種をお勧めするか? いや……その前にお店の人が「お客様にお勧めできる機種」って、ちゃんと助言できるんでしょうかね?それこそ問題かも? 「出る・出ない」「当たる・当たりづらい」「お金を使う・使わない」等々、それだけでもアドバイスできる人がいたら良いのになぁ、と思ったりするわけです。

日頃、マックスタイプとかミドルタイプとか……甘デジとかいっても、意外に確率の感覚ってお客様にはないのかもしれません。今更ではあります(笑)が、大当り確率1/400でも1/100でも、分母と同じ回転数で当たる確率は約63.2%と同じです。(分母=P、n回転で当たる計算式、1-((P-1)/P)^n)

でも、100回転回すのと400回転回すのでは投資金額が異なります。当然、大当り出玉数も違いますね。等価交換か?そうでないか?ということも投資の目安は異なります。さらにこれに「遊技時間」という軸を考えると、また異なります。まずは「楽しさ」を知る前に、遊技機はどんな性能を持っていて、いくらくらいかかる「遊び方?」というのをわからない人に教えてあげる、そんなお店があっても良いのではないでしょうか?

「逆に細かいことを教えない方が、直感的に、衝動的に楽しめて面白い」という人もいます。ですねー、楽しみ方は色々です。宝くじのように「運試し」という人や「ゲン担ぎ」で遊ぶのもアリです。つまり、知りたい人だけに教えてあげるってことになりますかね?

「えー??でも、いつも言われるのはどうやったら勝てるのか?という質問ばかり」というスタッフの方も多いです。仮に10万円でも1円でも「勝ちは勝ち」と定義するならば、投資金額次第でアドバイスできるとホントは良いですよねー。だって、計算上だけで言っても、1/400のパチンコ機ならば1500回までに当たる確率は、約97.7%。逆に言えば、2.3%はそれ以上「ハマル」ってことです。

1000円で20回の台ならば「75,000円で大当りを引ける確率は97.7%」ってことになりますね(笑)。「初期投資を抑えて勝ちたい」という人には大当り確率の甘い台を、「いくら投資がかかっても、いっぱい勝ちたい」という人は出玉数の多い、確変継続率の高い機種をお勧め……ということになるのでしょうか? これに低貸もあるわけでして……。

とにかく、色んな人がいるので、楽しんでもらうための努力はさまざまな角度で考えていくべきだなぁ、と思った次第であります。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・貞子さん、あなたを見てから、風邪ひいた……
(解説)
*うー、すげー風邪ひきました! 鼻水が止まらない(笑)。貞子を見てからだな、うん。お財布だけでなく、まさかホントに呪われるなんて! 恐るべし、貞子! 今月中に必ずリベンジするー。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る