> > 『AKB』以上の機種が出ないと……??
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

『AKB』以上の機種が出ないと……??
2012/10/12

ノーベル文学賞の受賞が期待されていた村上春樹さん、残念でしたね。ニュースになる程、前評判が高かっただけに。ノーベル賞って、突然個人の携帯電話にかかってくるとか。かなり面白いですし、世界的にも権威があるのだな、と改めて思った次第です。ハイ。

さて本題です。今日も取材に打合せにと動き回っておりました。昼間はそこそこに陽気も良く、暑いくらいでしたね。視察を兼ねて、周りに周って最終最後はホームのお店でいざ勝負。眺める景色も大分変わって、空き台が目立ちます。一番変わった島は、ズバリ『ぱちんこAKB48』です。一時は座れない程に賑わっていたのに空席が目立ちます。大量導入している(100台近くありますかね?)から余計に目立つ……考えれば、まだ1ヶ月ちょっとしか経過していないのに。

機械の良し悪しや運用方法はさておき、仮に「これ以上の機種は、なかなか出てこないだろう」とした場合に、今後の新台入替の指針や寿命というのを考えを抜本的に変えていかねばダメですね。それだけお客様が求めるものとパチンコ店やメーカーが提供するものとに「ギャップ」がある証明ですから。

スロもパチンコと同じような動き方ですね。ホントにお客様の数が少なくなってきましたが、それでも新台を導入し続けて、なんとか売上をキープしている状態に。入替をある程度抑制しているお店の状況は、かなり悪化しているようにも見えます。

パチもスロも……どちらも「他のお店にお客様がいなくなるまで入替していく」というお店と、それをあきらめて別な道を進むお店とに分かれてきたように思います。どっちが良いか?はお客様が決めることなので、なんとも言えませんが、事実として今、「客離れ」が起きていることを真剣に受け止めないと、とんでもないことになりそうです。

で、とんでもないことになっている「オイラのお財布事情」もありますが、選べる状況もあったので、『タロウ』に着席です。「ほー、やっぱソコにいっちゃうんだ」という声が聞こえてきそうですが、甘デジやら低貸を打っていたら、今月の収支はまたプラスにならない!と自分のヒキを信じて着席です。

1000円・2000円・5000円……流れるようにお金が消費されます。最近、遊技時間を確認しながら遊んでいるので、既に涙目(笑)。「早過ぎるパチンコ」にまたも淡い期待をしたのが間違ったのでしょうか……。

すると6000円目に「突確」をヒキました! 10数%の大当たり比率を良くヒキます。この「当たり」は嬉しいのですけど、次の当たりまで電サポ無ですし、お金もかかるしドキドキです。

悪い予感は当たりました。追い銭を8000円程使って大当たり。確変中の1回目は「ダダ」登場……そしてバトル負け。……そしてゾフィー登場の展開。

「もー、勘弁してくれよ、セブン……」と、タロウではなく、セブンとつぶやいてしまった自分が恥ずかしいし、可愛い(笑)。

なんとか8連して時短後は即ヤメ。35,500円をゲット。収支は18,000円プラス。前回の負けの半分くらいを回収できたでしょうか。短時間でしたが、とても「継続して打ち続ける」までには至りません。即止めで「勝てる立ち回り」じゃダメなんですが、そんな調整状態ではありません(笑)。

もちろん帰り際に、しっかり『AKB48』の島も確認しましたけどね。空席が目立つのは変わらず……。ライブがどこか寂しげに感じたのは、きっと自分だけはないでしょう。うーむ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ゼットンも、レッドキングも、やっつけた!
(解説)
*最後はメトロン星人に負けたんですけどねー。今日はゼットンにもレッドキングにも勝利できたので、嬉しかったです。兄弟の中で一番強い設定はやはり「タロウ」なんでしょうか? ずっとセブンだと思っていましたが……調べねば!




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る