> > 出るほどに迷う……。
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

出るほどに迷う……。
2012/10/19

サッカーのカズ、フットサルで背番号11……いいですねー! ぜひ頑張って欲しいです。ブラジルとの親善試合には出るのでしょうか? フットサルはとっても技術のいるスポーツだと思いますし、観ていても楽しいですから。ワールドカップ、出て欲しいなぁ。

さて本題です。今日は1日中「てんやわんや」でした。というのも……実は年末の商戦機種の「購入に関する最終決定」ということで、議論も「詰めの詰め」状態でして。なんせ1台あたりの単価は高いですから(笑)。40万近くする機種を50台も60台も……って話になれば、それだけで2,000万超えですのでね。慎重になるのは当然ですが、メーカーと言えば……発表後に即案件締切!みたいな短期間での返答ということもあって、議論にあまり時間が取れないません。うーむ。

それでお店の人と「これが一番」とか「これは導入すべき」とか、当然、真剣に話せば話す程に議論は尽きません。しかし「何を持って良いと評価するのか?」ってのが大事です。基本的に後付けになってしまいますが、……結果として「たくさん利益が取れて、人気が落ちない(=稼働が持続する)」機種がお店としては一番の評価。次いで「粗利は思った以上に取れないが、人気が落ちない機種」「粗利は取れても、人気が落ちるのが早い」「玉を出しても、すぐに飽きられて稼働が下落する」等々となります。もちろん、これは一般論ですけどね。

それと前評判や盛り上がり方(?)にもよりますが、スタッフ個々の「好み」「好き嫌い」も多少入るので、それこそ話がまとまらない時もあります。その際はかなり「メーカーの過去の実績」というのもポイントとなりますね。過去にヒットした機種があるか?とか、作り込みが他と一線を画す新機能があるか?とか。そこにフォーカスし期待するといいましょうか……。

それでも意見が割れて「二択」となった場合には……やはり販売台数でしょうかね? 他店との希少価値とか、版権やスペックが自店の地域性に合うか?とかとか。も加えて、その後の資産価値(中古価格ですね)がどれだけ維持できるか?というのも予測しますね。

ま、考えてみれば、パチ店の売上高営業利益率って数%ですからね。売上高が高い=営業利益額も大きい、という特徴はありますけど、逆に言えばリスクもあるわけです。なので、新機種が出れば出る程、お店は迷いますし、慎重になるというのは当然で、そう言った部分もメーカーに考えてもらえればなぁ、と思ったりする今日この頃です。もちろん、そういった内容も全て織り込み済みで発売を決定するのでしょうけど、独特な商慣行だと思います(笑)。

この年末は過去に例のない程、たくさんのパチやスロが登場しますので、ユーザー目線で言えば、とても楽しみですが。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・スロ大勝! 牛丼食べつつ、妄想し……
(解説)
*ガッチガチに動けない1日でした……。スロの『キン肉マン』の話題に及んだ時は……恥ずかしながら、まだ一度も対戦していないだけに、話に乗れず悔しいっす。帰りに牛丼を食べつつ、爆連を妄想したのでした……ああ、寂しい!(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る