> > 期待に応える……それが一番難しい!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

期待に応える……それが一番難しい!
2012/10/25

小林幸子……紅白絶望的?っていうニュースをキャッチしました。年末の風物詩みたいなところもあったし、暗い時代なんで、明るくしてくれる小林幸子さんの登場を期待していたんですけどねー。やっぱり年末はアメフト一色かなぁ(笑)。動向が気になりますね。

さて本題です。最近、いろんな勉強会に参加し、新しい発見の中、凄い元気をもらっています。ま、暗い話ばかりじゃ、受け手側も暗くなってしまうので、光というか「方向性を示せる」人間性を身につけたいなあ、と切に感じるところです。

そんな中、深〜く考えていくと、お客様の増やし方っていうのは単純明快で、お客様の「期待に応えればいい」という話になりまして。つまり、お客様が期待する部分は「勝つ」ことであります。ゲームとは違って、ある程度の射幸性が求められていると思います。

仮に……毎日1万円づつ勝てれば……月間で30万の利益であります。そんな攻略法(笑)があれば、そりゃファンも増えることでしょう。現実は異なりますけどね。

ポイントは「毎日勝てるかもしれない」という期待感をどうやって「持ってもらうか?」だと思うのです。還元率を考えれば、まだまだ公営ギャンブルや宝くじより「お得」なんですが、どうも「パチンコ店ばかりが儲かる」「粗利80%くらいだ!」というイメージを持たれているっていうんですかね?

10回中10回連続で負けるか?10回中3回勝てば良いのか?という点って、時代背景もあると思うんですよね。バブルの時とは異なり、10回中「8回は勝利したい」という期待……より警戒感が強くなっているんですよ。

そこを……お店はどうするか?ってことになります。と考えれば長期戦です。「損して得とれ」じゃありませんが、2年・3年・5年かけて最後はお店が「勝てば良い」という割り切りや、戦略の有無って実際大きいなぁ、と思うんですよね?

変な話かも?ですが、プロがどんどん生まれる程に「魅力的なもの」という状態を作るっていうのが……逆説的ですが、要素の一つとして持っているべきだなぁ、と改めて思う次第です。

お客様の期待に応える……ニーズを満たすって、言葉にすれば簡単ですけど、実行するとなるとホントに難しいなぁ、と感じます。ただ言えるのは「今が勝負!」っていうところでしょうかね?

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・今からね、『兎』の予習は、始めてます!
(解説)
*今度、タイヨーエレックから、『CR兎−野生の闘牌−』という機種が出るんですよ。で、メーカーさんからもらった「マンガ」で予習したわけですが、かなりオモロイ!ハマってしまい、続編のマンガを探して買ってしまったくらいです。今から予習ってことですけど、そういった試みは大事だなぁ、と思いました。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る