> > ヘビーに依存……ですね。
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

ヘビーに依存……ですね。
2012/10/31

自動車の「取得税」と「重量税」……問題になっていますね。消費税アップとなれば、二重の課税ということで廃止を求めている反面、地方税の大事な収入源となっているだけに代替税がないと厳しいという状態。うーん??確実に言えるのは、消費税アップ前に車を買うなら買った方が良いという事でしょうか?どうなるんだ……??

さて本題です。火曜日……今にも泣きそうな空模様でしたが、なんとか持ってくれて夜の打合せはちょっとだけ気持ちも盛り上がりました(笑)。単純です。10月も終わり、早いもので11月突入。12月もかなりの新機種が登場予定ということもあり、お店の悩みは尽きませぬ。

そもそも……「新台入替ってなんだろう?」と考えた時、昔ならば「集客の最高の手段」だったわけです。そう、思えば15年前程に業界に飛び込んだ時は、年間にパチならば1メーカー4機種程度かなぁ?スロならばもっと少なかったかも?そういったペースでしたし、お客様もそのサイクルに慣れていたという感じでした。

しかし、今は……そうです! 月に1機種〜2機種はリリース。デジパチが出れば甘デジが出て、別スペックが出て……。メーカーさん曰く「広告規制の厳粛化により、新台をコンスタンスにリリースするのは、お店の希望でもある」みたいな話も聞き、まあそういう一面はありつつも、そのコストはすべてユーザーが負担。

結果……昨日発表されたレジャー産業白書の「パチンコ・パチスロ参加率」は1260万人。前年比24.6%減。410万人減です。市場規模は18.8兆、4840億円減です。もうここまでくると、数字の大きさがどうなのか?ってわかんなくなる程に混乱……。

でも、参加回数は増加、年間平均費用は増加……ということは??

これはですねー。ヘビーユーザーしか残ってないってことですね。「依存している」といった方が適切です。競馬も競輪も同じような感じに動いてますし、ギャンブル全体の将来はどうなるのかな?と。パチンコ業は完全に「大衆娯楽」という部分から余計に乖離していっているのも……どうなのかな?と。一体、何がいけなかったのか……ちゃんと目をそむけずに、もう一回考えるべき時なのかもしれません。

このパターンは、メーカーもお店もユーザーも……誰も「喜ばない流れ」であることは間違いないですからね。規則改正も数年後にはやってくるはずですし、それまでに業界全体として何をすべきか?って重要でして。

改正の時期が「ビジネスブレークポイント」となるのか?規則で今よりももっと射幸性を抑えた機種しか開発ができず、ヘビーユーザーが離反して市場が縮小するのか?のいずれか……ですよ。

しかし“4840億円の縮小”とは凄いなぁ。小生も少し……プレイヤーとして貢献していますが(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・既にもう、『不二子』じゃなくて、『猪木』だね……
(解説)
*「……でね、『ルパン』でね……」と勝ちバナを周囲に持ちかけても、無反応な1日(笑)でありました。まー、そうですよねー。来週から猪木が導入されますし、すっかり新機種の話ばかりです。今週までが夢見れる時間かなぁ? 撤去して欲しくないなぁ。『シティーハンター』も……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る