> > きっかけは大事ですね
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

きっかけは大事ですね
2012/12/12

あんまり目立ってないんですけどね、チェルシー、日本に来ているんですよね。結構、注目しています。頑張って欲しいな。

さて本題です。寒いですね。でも、火曜日に雨が降らないのはちょっと嬉しいです(笑)。パチンコもパチスロも新機種発表が続々となされ、1月から2月納品予定の機種が揃ってきました。最近は発表から販売、設置までおよそ1ヶ月〜1ヶ月半程度の期間という事もあり、お店の人も選ぶのがとても大変……という話を耳にしました。

前にも書きましたが、これだけ新機種が出てくれば、当然「消えていく(撤去)」機種もあります。11月や12月に導入された機種の「今」はどうかなぁ?と思った時、少し悲しくなりますね。だって、早過ぎるんですもの。言葉は悪いですが、入替すればするほど「お客様を飛ばす(=離す)」事もあるんじゃないか?と真面目に考えるようになりました。程度の問題ですけど、ヘビーユーザーを維持させるコストって莫大だなぁ、と。

以前、1ヶ月ほど機械入替ができない時期も思い出したのですが、確かに1ヶ月くらい経過するとお店全体の稼働が下がりましたしね。ヘビーユーザーには「入替策が有効」というのは証明されているのでしょうけども。後は適正台数でしょうか。

やはり問題は「1ヶ月に1度のお客様」や「離反したユーザー」「パチやスロを打たないユーザー」を意識した策はほとんどないですし、時間もお金もかかるから優先順位が機械に傾倒しているって事になりますかね。そもそも、パチやスロは単純にゲームとして見ても、それだけで面白さもありますし、ハードルを低くしつつ、また、そのアプローチ方法を考えていけば、できる事はたくさんあるのでは?と。

スマホアプリも無料と有料と……色々ですが、特にスロは面白く、完成度が高いですよね?  そういう側面もまた、人気を支えたアプローチの一つでしょうし。パチの場合は……やはり調整があるので、ぶっちゃけこのままデフレが続くと「低貸コーナー」がどんどん増えていくかもしれません。

でも、低貸で「ちょっと遊ぶ」という人が増えて、きっかけ作りになれば存在価値はあると思うし、良い事ではないか?って感じるんですよ。もっともっといろんな「きっかけ」があるはずなので、どんどん新しい取り組みをして欲しいなぁ、と妄想するところであります。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・餅つきで、何故か?ピッコロ、思い出す……
(解説)
※もう少しで年も終わり、お正月は餅つきの季節だなぁ、と考えた時、思わず「ピッコロ」の姿を思い出してしまいました。ああ、病気だね、こりゃ(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る