> > 法律は……難しいですね
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

法律は……難しいですね
2012/12/13

「日本の政界はプロレスと同じだ!」という記事を発見して読みいってしまいました。繰り返される内部分裂と衰退などが綿々と語られておりまして。確かに「育成システム」とかはサッカー等のような形でマネできる部分があると良いのでしょうけどね。考えさせられます。うーむ。

さて本題です。今日も朝から東奔西走、走って回っておりました。で、ふと「改正宝くじ法」の話題がでまして。宝くじの上限金が上がるらしいですね? 最高7.5億??って話です。詳しくは知りませんが、その人曰く「テレビCMでバンバン射幸心煽っているけど、テラ銭が欲しいだけだよ」と批判的。

確かに……売上が上がれば自動的に「テラ銭」は増加。国会でもなんでも「宝くじ」の議論になると、寝ている人はほとんどおらず、みんな燃えている感じ?(笑)。

そーなんですよー、国や自治体は良いんですよね。射幸心とかあんま関係ない。競輪も配当金の比率が下がりましたし、30%でしたっけ?テラ銭は。考えてみれば、このビジネスモデルもまた、歴史が長く続いているものですし、あまり問題視されていませんけどね……不買という行為でのみしか抵抗できないのかも? なんて考えてしまいます。

とはいえ、パチンコ業界も「テラ銭」ビジネスですから、何も言えません……。生きていくのに不必要だからこそ100%完璧を目指さないといけないので、その為の「楽しさ」とか「ストレス発散」とか「ワクワク感・ドキドキ感」というのも、適度な射幸心同様に、時代に合わせて考えていかねばならないんでしょうね。

要は「法律は誰の為のものか?」と考えると、いろんな議論や意見がありますが、今を生きている人達で新たに考えるっていうのは、どの業界にもあるのかなぁ?と思うわけです。

改正宝くじ法もそうですし、風適法もそうですし……カジノの問題もそうですし。法律や規制の「強化」だけじゃなく「強化と緩和」を繰り返しながら、産業を大事に育成するっていう「大人の対応」してもらいたいんだけどなー。

ITを使った政治活動が禁止されている国なので難しいと思いますけど……困る人がいるからなのでしょうね。きっと。最大公約数的なルールですべての人の意見をまとめるのは悪くはないですが「変わる事」を怖がっては夢持てないですからね。そういう部分を考えて欲しいと、今日もまた「宝くじ」という言葉に食いついてしまいました。……反省。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・慶次さん、松風さんは、早過ぎです!
(解説)
※今日も2万突っ込み……ノーマネーでフィニッシュとなりました。松風が良く出てくるんですけど、全然発展しないんですよねー。ヒキが弱い。その後、秘宝伝で1回だけボーナスゲットして160枚獲得できたのが唯一の数い。もちろん、全ツッパで終了です。悲しい……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る