> > もうストレス発散は……ない??
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

もうストレス発散は……ない??
2012/12/17

ペニオクの問題、凄い事になってますね。刑事的には……可能性は低いって事ですが、民事ですとヤバいかも?って。芸能人だから目立つ?という事もあるのでしょうが、実際にブログ掲載で商売にしている芸能人や事務所も多いみたいですからね。これからどうなるのか……心配です。

さて本題です。選挙でした。皆様は投票に行きましたか? 超〜上から目線で恐縮ですけど、これだけ「選挙に行こう!」とメディアで連呼しているのにこの投票率。半ば、国民はこの国を「あきらめた」という感覚なんでしょうか? それとも「投票したくなるリーダーがいない」という事になるんでしょうかね? 改めて難しい時代に突入したんだ、と実感するところです。

で、パチとスロ。相変わらずパチとスロの話ばかりしていますが、閉塞感漂う世の中だからこそ「ストレス発散」という側面から、パチンコやパチスロという遊びは世の中の役に立っているのか?と考えてみました。

オイラがパチを始めた頃は……あの連チャンでした(笑)。「あれ?あれ?あれ〜??」というくらい連チャンし、ドル箱が積まれる快感。何度も打てばトータルでは負けるんですけど、ストレス発散できましたね。

「孤独の遊び」という側面も好きでした。ボーっとしながら「俺は何をやっているんだろう?」と思ったりしてました。羽根物も楽しかったし、一発台でも一喜一憂していました。単純な動きですけど、芸術でしたし。

今はSNS全盛の時代、コミュニケーションのスタイルも変容していますし、遊びも多様化しています。スマホで「ブロック合わせ」のゲームを空いている時間で遊ぶのですが、結構楽しい。しかも「タダだ」「自分の時間で遊べる」「何も考えなくて良い」というのが、オイラにはピッタリ。

パチやスロでお金をたくさん使って「勝てるのか? 負けるのか?」とドキドキしながら心拍数上がりながら打って、例えそれで勝っても……ストレスかかる(笑)。しかも疲労感も半端じゃない時がある……。そうそう、遊びじゃなくて「腹くくって、打たねば!」って感じですね(笑)。

つまり、負けちゃっているんですよね。他のレジャーに。「ストレス発散」という側面だけで言えば、かなり存在価値が薄れて来ているし、そういった感覚をユーザーも持てないでいるんだろうなぁ、と。

どちらかと言えば「ギャンブルという側面」を中心に、「攻略要素」であるとか「探究心への誘い・仕掛け」という側面に少しづつ傾倒している感覚があるわけです。ええ、もちろんこれはこれで悪い事ではありませんよ。でも、そこを求めていないユーザーに対しては興味を持たす事が難しいわけです。

「間口を広げる」というテーマもわかりますが「二兎を追うものは一兎を得ず」とも言いますし、中途半端な状態がさらに業界を迷わせているのかも?と最近感じますね。

……1994年に登場した、あの「ギンパラで魚群が出てきた時」の衝撃が忘れられません!「ゲチェナ(下段チェリー付き7)」という言葉も既に死語なのかもしれません。

今ならどんな「ストレス発散」があるかなぁ? ステップアップ予告と連動してイスが「クルクル回る」とか……楽しそうなんですけど(笑)。ああ、またヤバい方向にいきそうなので、この辺で。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ハンターは、街のどこにも、見当たらず……
(解説)
※まずはスロのモンハン、打ったんですよね。何気に座ったのがダメなんですが……あっという間に負けました(笑)。面白いと「勝てる」は別ですな。そしてシティーハンター。ここにもハンターはおりません。一体、どこへ出張してしまったのか……うー。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る