> > 勝った・負けたの言い分は?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

勝った・負けたの言い分は?
2013/01/16

アメフト……NFLのプレーオフは面白いですな。毎日、寝れませんよ(笑)。中でもレイブンズがね、頑張っているわけですよ。レイ・ルイスが引退表明して「負けたら引退」という試合が続いているだけに、スーパーボールに行って欲しいなぁ。泣いてたものなー、ブロンコスとの試合後に。今週・来週は楽しみが増えております。

さて本題に。今日も東奔西走、動き回っておりました。ツルツル(笑)しながら「モンスターハウスなら良いのに……」とアホなことを考えておりましたよ。ま、仕事中なのに不謹慎ですよねー。

で、今日は色んな人と「年末・年始のパチ&スロ談義」しまして、武勇伝または負け戦(伝説)の意見交換をしたわけです。まずは連日「勝ち越し」て、月の半分で既に給料分以上を稼いでいるD君の意見。

「スロ?余裕っすね。ダメだと思ったら3000円で捨てますよ。良さ気なお店で狙いをつけたら、休日も早朝出勤してカニ歩きっす。長いの引ければ負けないっすよ。えっ?パチ?……打つわけないじゃないですかー」

……勝っている男の意見は違います(笑)。自分なりの立ち回りでしょうが、ヒキ次第とはいっても、しっかりお店選び&機種選びについては研究して、朝一立ち回りならば「空き台」も多いという部分まで、しっかり観察しているんですよね。曜日を選べるわけではない分、そこは緻密に動いているなぁ、と。

一方、パチでボロボロになっているN君の意見は、止め打ちを駆使しつつ、沖海狙いで勝負して、勝っている場合は10,000発を目処に継続。勝利後は甘デジでまったり……という作戦。負けている場合は、どんどんMAXタイプにいって、負け分を取り戻そうという立ち回り。ええ、最悪のパターンです(笑)

「期待度の高い演出が早いタイミングで出現すると……アツくなっちゃうんですよねー」と、パチンコを打ちながら泣いてしまうらしいN君(笑)ですが、実は本当の理由は「自分の止め打ちに……つい、うっとりしてしまう!」ナルシストらしくて、釘がキツければキツイ程に「回してやる!」と燃えるそうです。ここまでアツい人は、さすがになかなかいませんね。パチで技術を高めたい!と本気で思っている人は、楽しむツボも違います。

まあ、上手い人が勝つではなく「勝った人が上手い」ということならば、D君は「上手く」、N君は「へたくそ」ってことなのでしょう。本気で車やマンションを買いたい!って思っている人もいれば、一戸建てが買える程に「パチやスロ」に情熱……いや、諭吉を燃やす「パチバカ・スロバカ(尊敬の念を込めて……)」もいらっしゃいます。ええ、小生はまだ、そこまでの極みに達していませんが(笑)。

それぞれの人に、それぞれの「美学」があるんだなぁ、と改めて感じた次第です。No.1じゃなく、オンリー1ですよ、D君とN君は(笑)。あっ?最後に「パチやスロは健全な娯楽」ですから。読者の皆様、無理して遊んじゃダメっすよ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・『スーパーマン』、戻ってきたのは、約2万!
(解説)
*先月から打ちたいなぁ、と思っていた『スーパーマン』ですが、やっとこ大当たりを引けまして、収支は2,000円の勝利でありました。2万程度ゲットできましたが、もっと話題になってもいいのに……と思ったほどに、オモロイっす。設置店舗が少ないのは少し残念ですけど。また打ちたいですね。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る