> > 遊技機の支持はさらに「分散」する?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

遊技機の支持はさらに「分散」する?
2013/01/18

日馬富士、5連勝ですな。もう、パチとスロで負けすぎて、大相撲とNFLくらいしか毎日の楽しみ(笑)がなくなってきましたよ。どちらも、リアルに観戦に行きたいんですけど……NFLはアメリカだものなー。うーん。

さて本題です。今日も底冷えする寒さでしたね。外から「中」に入って乾燥した部屋に入ると、かなり違和感を感じる年齢になりました。体力の無さを感じますが…。で、今日のテーマは3月頃までの新機種の話題。調べると、昨年は1年間でシリーズ機含めて、パチ+スロで約320機種〜330機種程度発売になっています。皆さんは、どれだけ打ちましたか(笑)。

今年もこのレコードを追い抜きそうな勢いで、メーカーも機械をリリースするのでは?と噂されています。そして……今や1機種あたりの設置台数は、規模によりますが、5台〜8台くらいでしょうか? スロならば4台〜6台といったところが平均的な数値とかで。正直、この台数を「調整する=利益コントロールする」というのは至難の業だなぁ、と。ますます多機種小設置台数は進み、そして「宝くじ化」と向かっていくのでしょう。

おっと、また話題からそれましたが、3月までに登場予定の機種では、パチならば『北斗』&『冬ソナ』ですかね? どちらも10万台級の販売台数を見込んでいるという事で、2月・3月は最大の注目機種と言えるでしょう。そして、スロは『GOD』と『EVA』と……そして『アクエリオン』でしょうか? ま、こちらの機種は出るか?出ないか?って噂がありますけども。

ここ数カ月の傾向だけでいえば、パチもスロも新台と「その他の台」との稼働格差(人気度でしょうか)の幅が小さくなっているのが特徴です。つまり、多機種化が進む事で「自分が好きな機種」というのが、小台数でも残って稼働を平準化させている、という事でしょうか? 特にパチの甘デジ、スロの過去の人気機種は、台数こそ少ないですが、依然として支持されている機種が多いですから。

結局そう考えていくと、入口である「メーカーのリリース数」によって、人気も集中化ではなく分散する?という証明なのでしょう。危惧すべきは全体平均が下がっているという点かなぁ? 平均的に下がっているということは、ファンが減少している……またはお金がかかり過ぎて打ちきれない、という証拠とも言えますよね?

メーカーもそれぞれ競争していますからね、上手いことバランスが取れるというわけではありませんが、メーカーのセカンドブランド化や、パチメーカーとスロメーカーの垣根が低くなっている……とか、さらなる競争が生まれそうな気がしております。なので、その中で……ヒット機種が生まれることを願っていますよ。頑張って欲しいですね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・夢に出る、ランプの光…、ああGOGO!
(解説)
*参ったなー、夢に「GOGOランプ」が出てきましたよ! 家に帰って、ドアを開けたら「ベコっ!」って音がして、前方に巨大「GOGOランプ」が光ってお出迎え……っていう、間抜けな夢ですが(笑)。スロで勝ったら、家をリニューアルしたい……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る