> > イライラしている?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

イライラしている?
2013/01/31

騎手の「アンカツ」こと、安藤勝己騎手が引退っていうニュースを耳にしました。そうですか……キングカメハメハとか、懐かしい名前が出てきて、引退は少し悲しい気持ちにもなりますが、春はそんな季節なんですよね。早いもので、もう1月も終わりですし。まずはゆっくり休んでもらいたい、そう思いましたよ。

さて本題に。昨日は福岡にセミナーで出張しておりました。福岡のみなさん、ありがとうございました。ハイ。「日帰り」の強行スケジュールだったもので、正直、福岡のお店を見て回るということが出来なかったのは残念ですが、天気も良く、充実した1日となりました(笑)。

ま、それでいろんな人と話を交わすことが出来たのですが、その中で「パチユーザーやスロユーザーは、イライラしている時が必ずある」って話題になり、その時、どうするか?って話になりまして。

「そういえば、小生はいつもイライラしているなぁ(笑)」と思わず振り返ってしまった(笑)のですが、後から冷静に考えると、お店選びも機械選びも……そして「ヒキ」の弱さも、負ける金額も、全て「自分のせい=自己責任」なんですが、少しはお店や機械のせいにしてますよね?

気持ちの部分でおさまりがつかないからですかね?(笑)。無論、勝った時には「お店のおかげ、機種のおかげ」と思わないのも皮肉なものでありますが。そんな心理状態を持ったお客様が、時間の経過に合わせて「イライラ」が募ったその時、一体、どんな接客が良いのか?と思考を巡らすわけです。ハイ。

まずは表情でしょうか。笑顔が「逆効果」になるっていうのも考えの一つですかね。しかも「笑顔」を使い分けるというのはとても難しい。その中で好印象??…うーん、さらに混乱する部分はありますけど、いうなれば平時の「さりげなさ」という言い方になるのかも? そこにはきっと深い技術があるのでしょうね。

完全に「見て見ぬふり」はマズイですが、遠目で気にするという距離感なのかもしれません。優先順位的に「呼ばれたら、スグに対応する等、不満をできるだけ与えない」という逆転の発想が必要なのかもなぁ?って。

まー、色々なお客様がいますからね。勝ったお客様と負けているお客様とでは、現場の空気感も違うし、対応も変えるのは当然なのでしょう。

マニュアルにない部分をどうやってカバーするか?とても重要なことだし、状況に適応する柔軟性も持ち合わせていないと、簡単にサービスっていうのも言えないなぁ、と改めて勉強しましたね。

しかも、この「イライラ感」という負の力が次なるモチベーションにもなっているという現実……だから難しくて、答えがなくって、面白い部分なのかなぁ?と思いました。奥が深いなぁ、接客は。

お店の人達も色んなことを考えていますので、みなさんも暖かい目で見て上げてください。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・お土産を、選ぶ時間は、わずか5分…
(解説)
*タイトな1日で、お土産を選ぶ時間は5分しかなく、悲しくなりました……。しかし!5分もあれば、玉を「500発も発射できる!」と、ワケの分からない時間感覚で速攻、選びましたよ。「通りもん」(お土産)を買うのを忘れたのはとても残念でしたが(笑)。東京で探そう……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る