> > 事実に勝るものはないね
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

事実に勝るものはないね
2013/02/20

サラリーマン川柳が発表されましたね。お気に入りは「iPS 再生したいな 国・経済」。上手いなー。確かにそう思う! 誰か、僕のお財布にiPSを移植して、プクプクに太らせて欲しいっす! ……言っててちょっと悲しい(笑)。

さて本題です。今日は『CR北斗の拳5』の話。2月上旬にが導入されましたが、ホントに空き台がない程に大・大人気! 12万台近く設置されているというのに、目を見張る勢いであります。

実はもっと注目しているのは「お店全体のパチンコの稼働が上がっている」という傾向が多い点。もう、この機種の良いところとか細かい仕様って……説明はいらないでしょう(笑)。だって、結果が出ているんですし。

次は「どこまで継続するか?」ってことになりますが、多少は設置台数も減少するのでしょうけども、しばらく主力機として高稼働を持続するのではないか?って見方が多いです。

考えてみると初代の『CR北斗の拳』は、ここまでの機種に育つ勢いは、正直感じなかったと記憶してます。ぶっちゃけ、スロの『北斗(4号機)』のヒットがパチンコに伝播したって見方が正しいかもしれません。この「パチが出て、スロが出て……そしてパチが出て、スロが出て」の繰り返しによる人気でしょうし、また、常に新しさを出していくという部分での勝利なのかも?と感慨深いものがありますね。

問題は…北斗の導入でも全体の稼働まではあまり影響を受けていないお店って事でしょうか?つまり、一番人気の機械を導入して、入替を行っても集客力がつかない、という事は、他の部分に問題があるって事ですし。他の繁盛店との「差を埋める策」というのが、非常に少なくなっている事から、戦略的にはかなり不利な状況となるのではないか?って想像するところです。

無論、まだまだお店で取り組めることはあるのでしょうが、来月は『冬ソナ』、4月は『ガンダム』、5月は『牙狼』……さらには『仮面』や『ウルトラマン』や『キン肉マン』、そして『慶次』『海』『エヴァ』『AKB』と、過去のヒット機種シリーズ機はどんどん出てくることでしょう。製品の完成度にもよりますが、こういった人気機種を一つの「ステップ」にして、大きく飛躍できるポイントをどれくらい作ることが出来るか?っていうのが勝負かもしれませんね。

そうそう、逆を言えば、パチの人気機種が続々とスロになっていますものねー。『慶次』もそうですし、今度、『AKB』も『仕●人』もスロになるらしいじゃないですか? 4月に登場の『ガンダム』もいずれスロになるのかなぁ?

パチとスロの境界線がなくなり、いずれ「第二の北斗」も出てくると思うので、とても楽しみですね。メーカーの人から見れば、かなりプレッシャーもあるでしょうけども、ファンは楽しみにしていますよ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・寒さゆえ、震え止まらず、My財布!
(解説)
*もう、寒波を超えて……凍りついてしまいましたよ、小生の財布は(笑)。さすがに所持金43円じゃ、明日は生きていけませんな。人生、オケラ街道まっしぐら!という感じであります。うー、マジで寒い。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る