> > 自慢話の中身
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

自慢話の中身
2013/03/11

今日のWBCは……ホームラン打ちまくってましたね。とにかくベスト4に入れて良かったですよ。でも、やはり天気かなぁ? 凄く昼間は暑かったのに、夜のこの寒さはなんだろう(笑)。いやー、やっぱり経験した事ない程の天候の変化に少しビビっております。「地球、大丈夫か?」と。

さて本題です。負けっぱなしの小生には耳の痛い周囲の「自慢話」(笑)。パチ好き・スロ好きな人が多いのは職業柄仕方ありませんが、それにしてもイライラします!(笑)。

と、冗談はさておき、いわゆる「ヘビーユーザー」と呼ばれる人達がどんな打ち方や立ち回りをしているか?疑問なのですが、一つ目の共通点が「朝から並ぶ」であります。

「打つ!」と決めたら、朝一から並ぶ。決して「フラーっと」は遊ばない。だから当然、体力や体調も整える。そして狙った台をモーレツに取りにいく。これは簡単でセオリー通りなんですけど、そこまで情熱を持てないユーザーからすると苦しいかも?

次の共通点が「勝つまでやる」という点。ええ、裏を返すと「1回あたりの投資金額に糸目をつけない」ってことですね。最初から「10,000円程度の投資で当たる遊びじゃないんだから」と割り切っています。

これまたフツーの人はなかなか真似できるものではありません。だって、8万〜9万突っ込んで、12万くらい回収して3万くらい勝つってレベルですもの。ええ、既に大衆娯楽じゃありませんから! 勝率上げる方法の1つとはいえ、誰もが真似できる打ち方ではないでしょう。

最後の共通点は「アツくならない」ということでしょうか? 勝っても負けてもクール。当日くらいは興奮するらしいですが、次の日にはすっかり忘れて……という感じらしいです。それと、あまり機種に依存しない、というのもあるかもしれませんね。

ほら、あるでしょ?「好きな機種で勝った機種で何度も勝負」というパターン。これはあまりやらないそうなんですよ。パチもスロも攻略要素のある機種はありますけれど、実際はお店の対応はとても早く、恩恵が得られるような調整はほとんどない、ってことで。そこは同意します(ペコリ)。

ちなみにその多くの友人は「パチプロ」や「スロプロ」といった、それで生計を立てている人達ではなく、しっかり仕事を持っている人達です。「ヘビーユーザー」といっても、参加頻度で言えば「毎日」という人達ではないから、ひょっとすると「ヘビーにお金を投下する人達」といった方が正しいのかもしれません。

と、こんな感じで敗者の小生は「眼中無し」みたいな感じで、みんな楽しそうに会話しているんですけどねー。勝つためには、とことん投資を惜しまない人達であります。

小生も仕事以外のパチ&スロは自粛して、お金を貯めて……いつか、真似してやる!(少し、ひがんでます……)

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・今月も、くしゃみで諭吉、おりませぬ……
(解説)
*みなさんは花粉症、大丈夫でしょうか? ホントに凄い量が飛んでいますよね。気をつけて欲しいんですけど、小生も花粉だし、金欠だし……。もー、どうしよう?って感じです。それでも打ちたいんだよねー(笑)。我慢、我慢。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る