> > 楽しめるのはどれだ?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

楽しめるのはどれだ?
2013/03/21

投資セミナーがお盛んですね。さらに住宅関連も駆け込み需要で伸びているとか?でも、なんだか危ういというか、一方で賃金上がらず、物価が上昇すれば、スタグフレーションですものねー。しかも、来年の4月に消費税8%って……。景気条項はあるけど間違いないっしょ。貧富の差が激しくなる、と少し慄いてる限りです。

さて本題に。相変わらず禁パチ・禁スロ生活。小生は「お金がなくなって、単純に打てない」なのですが、周りは「面白くないから止めた」って人が増えています。

他の賭けごとなど、違うところにお金を使っているか?というと、そうではありません。もう、物とかサービスへの欲求がなくなっているのかなぁ?と思ったりしています。とにかく貯める!って感じ(笑)。あっ?あくまで小生の周りは……ですよ。

それで前述の「投資」ってわけです。FXをやりはじめた人がとても増えました。株よりもスピード感があるみたいですし。パチやスロと比較っていう前に「宝くじと比べて……いや、競馬等の公営ギャンブルと比べてどうなの?」というと、楽しいっていうんです!

それって、機械と勝負!というよりは、世の中全体の期待感を先取りして読み合う「集団心理状態・ブーム」等を先読みするって意味で。他のギャンブル産業同様に、絶対はありません。勝った負けたも……ホントの原因や理由なんて明確には分からないわけですが、“主役”になれるっていうんですね!

いやー、意外なお言葉。優越感があるのでしょう。行き過ぎると間違った方向(笑)に行きかねませんが、他のギャンブル同様、得も言われぬ「楽しさ」がそこにあるのかもしれません。

しかも身入りが入って、損か?得か?っていう部分と「向き・不向き」っていう要素もありますから。手軽にできる分、リスクが高いのはパチやスロだけではないですから、同じ目線で遊べるのでしょうけど。ただ、1パチや5スロってわけではないし、もちろん、そこまで安くも遊べませんが。

株やFX同様に、ハードルは下がってきていますよね。宝くじも公営ギャンブルも必至です。パチやスロも「改革」なんて甘いこと言わず、「革命」くらい起こさないと、これではほかのギャンブル産業には勝てません。(あっ?株やFXや公営ギャンブル等も厳密に言えばギャンブルじゃありませんが、広義の意味で……)

もちろん、パチンコ業界も「余暇産業」という表の顔はありますが、実態はギャンブルなんで……同じ意味でのテーブルで比べてみたりしました。

あと1年後の消費税増税は怖いなぁ。そしてさらに10%までも近いので、怖いなぁ。このままじゃ、もっと景気、悪くなりそ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ヨン様の、ポスター悲しく、剥がれてます…
(解説)
*風が強くて、ホームのお店の外にあるヨン様のポスター、剥がれちゃってましてね。自転車が飛んじゃうくらいの強風でお店の人も気がつかなかったのでしょうけど。歩きつつ、そういった光景が目に入ってくると、余計に寂しくなるのは歳のせい? それとも……ボンビーだからですかね……(悲)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る