> > 「知らない」と負の感情が増幅?
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「知らない」と負の感情が増幅?
2013/03/25

仕事で『ドラハナ30』ばかり打ってました(笑)。なんですなぁ、個々人に差はありますが、不思議と虜になっていくのが理解できましたね。収支はありがたいことにトントンで終わったのですが、その後にスロ打つと、コインが小さいこと、小さいこと(笑)。おもちゃみたいに感じてしまったのが、少し面白かったです。

さて本題に。今日はつい先日、読者の方に貴重な意見をもらいましたので、テーマとして取り上げたいと思いますね。「パチンコ業界の脱税問題」について!

申告シーズンは個人的にいつも深刻になるのですが……毎度、季節的にこの話題には事欠きません。そこで、国税庁発表の「平成23年事務年度 法人税等の調査実績の概要」っていうの調べてみたわけです。

【第1位】バー・クラブ|52.6%|21,551千円
【第2位】廃棄物・処理|33.1%|13,554千円
【第3位】パチンコ  |31.9%|42,413千円
※平成23年事務年度 法人税等の調査実績の概要より引用

えっと、比率は「業種ごと」の不正発見割合で、金額は1件当たり金額です。「バー・クラブ」は半分以上が不正発見され、2,000万以上の「間違い」が指摘された、って意味ですね。ちなみに、パチンコに続く業種は「自動車修理」「土木工事」「再生資源」となっています。

実はこの「不正」っていうのが問題で「申告を忘れた・意図的にしなかった」というのもあれば、純粋に「誤魔化してましたよ」とか……中身はさらに細分化されるようです。

話を戻しましてパチンコ業界。いくら「バー・クラブ」や「廃棄物処理業」と比べれば、不正割合が低いとはいえ、未だに「3件に1件」は不正(その後修正)しているという事実、これは良くありませんし、許されませんね。しかも、パチンコ業の場合、1件あたりの金額も大きいですし、何年にも渡って上位の「常連」ですし。

一番問題だなぁと思うのは、業界がややもすると「社会にとって不要」というネガティブなイメージを持たれているという事実、こういう部分も大きい、と気がついているか?どうかです。

もちろんメディアの功罪も大きい。例えば上のようなニュースは、不正発見割合が「3件に1件」でも、パチンコ業界の場合は「長年に渡り、1件あたり不正金額はTOP…」なんて報じられるケースが多々あります。その不正の中身ですね。さらに「意図的に売上・利益隠し」したのか? それとも税務調査で指摘され、他業種同様に「解釈を間違えていた」のか?って話。

世の中では、明らかに「意図的100%」と思っていることでしょう。だって、前述のようなデータを知らなければ、普通にニュースを呼んでいると「確信犯」って思いますもの(笑)。

もしも「100%意図的」なものならば、罰して欲しいくらいです。許可取消とかして欲しい。真面目にやっているお店だけ残って欲しい、と思います。でも、他業種同様、帳簿処理や経理処理、会計処理に不備があったのであれば、良くなるように直していって欲しい、と思います。

だって、バー・クラブや産廃処理業なども、同様の課題を抱えているのだろう、と想像できますものね。何度も言いますが「100%確信犯」というのは別にして、ですよ。

とにかく「知らない」ことが、結果として負の感情を増幅させるトリガーになっているでしょうし、業界としてもこういった部分を頑張って、社会に受け入れてもらう努力をして欲しいなぁ、と思う次第です。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ねえケンちゃん、今日は登場、少ないね!(笑)。
(解説)
*やりましたよ! 『CR北斗の拳』で大当たりしましたよ(涙)。トキVSラオウで勝利し、バトル中は「トキ」と選択したので、ケンちゃんの出番が少なかったなぁ。しかし、トキはかっこいいな!トキとアミバが特に好きです!(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る