> > 1/99のマジック
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

1/99のマジック
2013/04/16

すっかり日本製の自転車も「ガラパゴス化」しているというニュースをキャッチしました。なんでも、台湾メーカーの「ジャイアント」が世界で凄い勢いがあるとかで。製造業も構造転換の時期に差し掛かっているのでしょう。きっと。

さて本題です。先日のことですが、ほぼ空席のない超繁盛店舗でパチンコを打った時の話。既に空いている台はバラエティーコーナーにある甘デジのみ。着席したのは『CRAガオガオキングST』でありました。特段気にせず席に座り、お金を入れる前にデータランプを見ると、わー、ビックリ! 回転数366回と表示されているではないですか!

「えーっと、1/99でしょ。約4倍のハマリね。マックスなら約1600回くらいの台ってことか」と、アホなことを考えながら、いくらなんでもそろそろ当たるでしょう、という理由でいざ勝負したわけです。

等価交換店ですから、回転数は期待できません。もちろん、甘デジだって1000回近くハマった台を過去に見たことがあるので、あながちすぐに当たるという保証はどこにもありません。そして、出玉も……16R(実)当たりがどれだけくるか?にもよりますが、きっと頑張っても1箱程度だろう、と考えれば、投資できる金額は約5000円。うーむ、微妙な勝負。

4000円目でようやく大当たりを引いたのですが、4R当たり。ST中に大当たりを引けば、16Rの可能性も高くなるのですが、スルー。即止めしようと思ったら、また4R当たりしてスルー。玉がなくなって終了です。このパターンにはまると、当たりも見たいけど、投資も結構かかるなぁ、という感覚。

次いで打ったのが『CR牙狼魔戒閃騎鋼』です。ま、こちらも等価ですから、回転数はあまり期待しません。奇跡的に5000円目で大当たりをゲットしたものの、魔戒チャンスには入らず、時短100回の真魔戒RUSHに。しかーし! ここで大当たりをゲットして、魔戒チャンスとなり、ST145回、確率1/99の勝負が始まったわけです。

結果は見事伸びて5連。当たる時は当たるものです。ハイ。

で、何が良いたいか?と言えば、甘デジは最初から低確率時確率は1/99程度。でも『牙狼』はマックスタイプなのにST中の高確率時は1/99という機種。同じ1/99でも、体感は微妙でしたよ。「出玉の大きさ」の分を考えると、小生はマックスタイプ向きなんでしょうね。

今日、設置されている『フィーバー 機動戦士ガンダム』もこういったスペックということもあって、早くお店で打ってみたいと思いましたよ。ハイ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・カオルちゃん、実写じゃ少し、わからない…
(解説)
*一瞬、出てくるんですよねー。「あれ?やっぱりカオルちゃん?」と思ってしまう程でありました。プレミアムキャラなのか?普通なのか? よくわからないのですよ。新しい牙狼が出る前にもっと打っておけば良かった。うー。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る