> > 業界の人達が感じるんですから!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

業界の人達が感じるんですから!
2013/05/08

GWも完全に終わり……今日から仕事の人も多かったのですね。そしてGW中の話っていうのも「しこたまパチ&スロで負けた」って話に終始していて面白かったです。みんな「わかっているけど……お店に行くんだよね」というのは同じだな(フフフ)、と。小生と一緒ですな。

さて本題です。勝った負けたという話は、相変わらずですが「釘がね……」とか「ヒキがね……」とか、毎回同じ感じで話が落ち着くわけですけど、それ以外の「優良店」っていうのは、特段GWだろうがなんだろうが関係ないよね、って話になりまして。

でも常日頃から「良いイメージ」で評価されていないお店は関係なくダメで(笑)。そういうお店には「見ない・打たない・近寄らない」の3原則で望むべきだ(笑)と、少し盛り上がったわけです。

業界にどっぷり浸かっている人達がこれだけ辛口で「もっと業界を良くするには、苦言を呈していかなくてはダメだ!」とか、「頭の中には利益しかないようなお店には、行かないようにしなくてはダメだ!」と熱弁しているのがちょっと面白いです。

誤解のないように言いますけど、みんな「愛」はあるんですよ。逆にお店に発奮して欲しい!という期待を込めて……なんですね。

いつもいつも「所詮はギャンブル。負ければつまらないのはレインボー確定。勝ってもつまらない!と思われる悲しい産業。それがパチンコ業界」とは某店長。

そこまで卑下することはないのに……と思いますが、ユーザーが一番求めているのがマネー(笑)。どんなに美辞麗句を並べても、大半のユーザーがマネーを求めている!という推論は、本質を突いていると個人的に思います。

そこをフォーカスし過ぎないように……その部分(ギャンブル)以外のところで、提供できる価値をどうやって創っていくか?なんですけど、やっぱり使うお金とリターンの「ユーザーとのギャップ」は非常に大きく、また実利が伴う核心的なところを満たさない限りは…満足はないのかなぁ?改めてと感じました。

何せ長年、業界でお仕事をしている人がそう感じているわけですし、プレイヤー目線でそう思う人が多いわけですから。

「見ない・打たない・近寄らない」の3原則という言い回しは……少し笑えましたが、洒落になってない部分はあるなぁ、と怖くなってしまいましたよ。うーむ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・ポスターの、『乙女』につられて、『北斗』負け……(悲)
(解説)
*つい先日、スロ『北斗』で負けたばっかりだったのに!(笑)。『戦国乙女』のポスターにつられて、ついつい入店してしまいました……。パチ『北斗』3000円1本勝負です。ええ、負けですね。動機から不純でした。うー。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る