> > 今年も「怖い」がきっと……トレンドだ!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

今年も「怖い」がきっと……トレンドだ!
2013/05/21

「いつやるの?今でしょ?」という言葉が、今流行っているようです。小生も負け時と「そらそうよ〜」と阪神元監督の岡田氏の真似をしても、誰も突っ込んでくれない……。誰かに突っ込んで欲しいと思う今日この頃です。

さて本題です。今日は雨でジメジメ……梅雨本番でしょうか? とても体力を奪われた1日となりました。

今日のテーマは「怖いパチンコ」の話。『CRリング』から始まり、導入が間近の『CRクロユリ団地』、さらには『CR呪怨』の登場が予定されていることもあり、今年は「怖いパチンコが来るんじゃないか!」という話で盛り上がりまして。

ある人が「そういえば怖い羽根物ってないなぁ? 羽根が手になってたら怖いだろう!」とか、次々と展開され……。

残った「怖いもの版権はないのか?」となって「稲川淳二さんしかいない!」となり「耳袋??……とかどう?」ってことで、きっとメーカーさんが動いているハズ!と妄想的な話で盛り上がりました。

ま、稲川淳二さんはさておき、近いウチに「怖いパチスロ」も出てくるでしょう。パチンコメーカーが本気(=たくさん投資して)で「パチスロを作っている」ということも影響し、さらにエンターテインメント性が盛り込まれた遊技機がスロでも登場するのでしょう。楽しみであります。

懸念しているのは射幸性でしょうか? 先日も提言しましたが、業界人が考えている以上に「一般の人の感覚と業界人の感覚は異なっている」ということです。「AT機だけど、マイルド仕様!」とか「AT機ではなく、A−ART機なので遊べる仕様になってますから!」っていう営業トークはどうなのかな?と思う時がありまして。

そりゃメーカーとお店の人との会話では成立・共感できる部分でしょうけどね。一般ユーザーから見れば短時間で2万・3万を軽く「負けることができる」機種って、とても違和感あると思うんですよー。

まだ「ノーマルAで遊べる仕様になっていまして……」という方が納得感があるのですけどね。

あっ?少し脱線しましたが今年はきっと「怖い」がトレンドになることでしょう、個人的にも期待してます。それと「面白い機種を安く提供する」ことが、メーカーとお店の務めでもありますので、ぜひとも「安く提供」して欲しいっす。せっかくエンタメ性の高い遊技機がどんどん出てきているわけですからね。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・牙狼、バラエティーで、牙を剥く!
(解説)
*いやー、『CR牙狼FINAL』。初日だったので、全く打てません(笑)。当たり前です。で、……ついこの間まで導入されていた『CR牙狼3』はバラエティーコーナーへとお引っ越し。1台空き台を見つけたので打とうと思いましたが、回転数は1722回。大当たり0回。バラエティーでも、牙を剥いておりました。打てません……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る