> > もっともっと新台、出ますよー(きっと)!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

もっともっと新台、出ますよー(きっと)!
2013/05/30

初のアフリカ大陸出身力士「大砂嵐」が十両昇進ですって、良かったですね。テレビで腰痛いってやってたから心配だったけど、親方は嬉しいだろうなぁ。うん、リアルに相撲が見たくなった今日この頃です。

さて本題です。例年に比べて早い梅雨入りってことで、毎日蒸し暑いですね。風も凄いし、外周りには厳しい時期になった感じです。で、今日はお盆時期の「新台」の話題から。

早いもので、お盆時期にリリースされる機種などの展示会が次々と行われています。パチンコもパチスロも合わせると……15機種〜20機種くらいのタイトルが出ているのですが、この流れは減るどころか、どんどん増加中です。

「新台好き」のファンからすると、早く遊びたい!というところでしょうが、意外とお店は悲鳴を上げていて、すでに「厳選して導入する」流れは変わらず。1台あたり単価もパチは40万を超え、スロは高い機種ですと43万程します。まー予想通りですが、1台50万の時代は近々やってくるな?と。

当然ですが、高騰するには意味がありますね。開発コストがかかると同時に、タイトル数が増加すると1機種あたり販売台数が低調に推移しているから、どうしても割高感は否めないって事になります。

それはそうですよね? 低貸コーナーが増えているから、お店も4パチより利益出ませんし。新たな投資は慎重になりますよ。

このメーカー同士の「開発競争」の結末は、キラーコンテンツを持つメーカーに「より有利」に働きます。購買するお店は予算がないので、間違えたくない。我慢するわけではないが、過去に支持があったコンテンツの機種から買うのは当然で、もっともっと慎重になるでしょう。

そこで得た利益をマーケティングなどに使い、ユーザーから支持される機種開発に向け再投資を繰り返していますからね。逆に開発コストを回収できないメーカーは、もっと厳しい局面に向かっていくので、正直キツイですよね。業界にとって「寡占」は良くないことですから、価格面でも「競争」して欲しいんですけど(笑)。

お店も同じですね。別な角度から見れば、入替を繰り返すことでお客様からは「資金力がある」と思われるでしょうし、機械入替を間違えないためにも、優良店の入替を「まるまる真似する」方針でいくということができるからです。規模で勝てるってパターンに持ち込める可能性があるわけですね。

しかし、それも今は昔。潮目は変わりました。評判の良い噂より、悪い噂は早く流れるもの。そういったお店も「規模だけで勝利できない」時代。いかに多くのユーザーから信頼して、それを継続して積み上げるか?って流れに変わってきていると個人的に思うワケです。

結果、優良店にはお客様が多数集まり、利益も上がるし、新台も継続的に購入できるということで、さらに強くなると思いますよ。

とにかく、ファンにとって新台が多数登場することは良いことです。でも勝負するなら機種選びより「お店選び」に失敗すると、今は勝負が難しい……ってことになるので、2〜3店舗程度の「お気に入り店舗」で楽しく遊んでください。

ええ、少し自戒しながら書いておりますが(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・雲多く、今日も北斗は、見えません……
(解説)
*仕事でテンパっている時、空を眺めて北斗七星を探すようにしてます。理由のない「がんかけ」です(笑)。ところが……梅雨時期だからでしょうかね、雲ばっかりなんですよねー。雨は基本嫌い……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る