> > お店で遊ぶ“理由”をください!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

お店で遊ぶ“理由”をください!
2013/06/03

いよいよサッカーワールドカップ最終予選、VSオーストラリア戦ですね。しかし…日本戦となると「一気にお店、ガラガラになっちゃう」と某店長さんは嘆いておりました。日本中がそうなのかも知れないんですけどね。

さて本題です。月も変わって6月です。時間が経つは早いもので、あっという間に今年も終わっちゃうんじゃないか?(笑)って、個人的には感じているのですが、どうにもこうにもお店に勢いがありません。

大きな「ブレイクスルー」となるのは、恐らく「消費税アップ」とか「遊技機規則改正」のタイミングではないか?と思うのですが、スロは特にヤバい方向に進んでいると危惧する次第です。

先日もスロのスマホアプリの話をしたんですが、ある人から「いやいや、実機が結構売れているんだ」って話も聞きまして。しかも「中古機なら1万〜3万くらいで買えちゃう」って話。これも以前に書きましたが、まさか、どんどん増殖しているとは!

「だって、高設定でも追加投資必要でしょ? 上手くすると万枚まで出ることもあるけど、体感は天国ループ程度で単発終了、続かない(笑)」と。お客様が「お店に行く理由はあるのか?」みたいな感じだ、と嘆いておりました。

「ゲームなら……」「楽しむなら……」って考えれば、自宅に1台あって、朝まで遊んで楽しめる(笑)。お店に行かねば「その機械はない」ってことじゃありませんから、特別感というものが薄くなったのでしょう。

近い将来、射幸性が上がるとか下がるとか……細かい部分は全く分かりませんが、ゲームセンターが「ファミコン」に市場を奪われた時代のように、また「ファミコン」がネットゲームやスマホアプリに奪われているように……同じ道を辿らないか?っていう部分がとても心配です。

個人的にはスロのゲームにはあまり興味がなく、この先もお店に遊びに行きますよ! だって物足りないんですから(笑)。つまり「楽しい+ギャンブル要素」ってことです。

これが「お店に行く理由=ギャンブルのみ」とならないようにする、そのバランスが大事でそこを求めた規則改正であって欲しいなぁ、と切に願うばかりですよ。

だから、あんまり「ゲーム性ばかりを追求する」っていうのもなんですし、ギャンブル性も行き過ぎると受け入れられませんし。

もっとお店で遊ぶ理由を下さい! ……そんな声が聞こえてきそうです。ハイ。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・動いたら、ボンとやられる、2秒前……
(解説)
*いやー、こっそり遊びに行こうと思ったら……諸事情によりスケジュールを抑えられまして(笑)。まさに「動いたらボン!」状態でしたね。週末は。うー、スロ『北斗』打ちてー。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る