> > ゲーセンに近づき、そして……??
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

ゲーセンに近づき、そして……??
2013/06/07

いやー、久しぶりに笑いましたね。みなさん養命酒のサイトに出ている「ゴルゴ13」のアンケート、見ました? これは最高ですね! デュークも最近不景気だから「なんでもやるなぁ」と思いましたけど、胃腸は大事ですから。みなさまも体調にはお気をつけください。

さて本題です。6月6日のぞろ目の日! 昔なら「設定○」の日とか……って時代がありましたね。そんな話はいつのことやら……。どんよりとした蒸し暑い天気の中、色んなお店を見にいきました。どこも天気と同じく、うーん??って感じでした。

最近、プライベートでパチやスロは「低貸ユーザー目線」でしか打っていないから?っていうのもありますが、見方がネガティブになっていて、ダメダメですね。(自分で言うのもなんですが)

でも、現実から逃げても仕方ないので、改めて「消費者目線」に努めようと思うわけですが、パチやスロの「物価の高さや金銭面による壁の高さ」を痛感する次第です。しかも等価交換だと……ね、怖いし、連チャンしても即止めする気持ちはわかります!

妄想ですが、仮に「貸玉上限1円(スロ5円まで)」ってなったら、業界はどうなっちゃうのかなぁ?と思いました。まず機械入替はそんなにできなくなってしまうでしょうし、この流れを止めることでヘビーユーザーが離反しちゃう可能性もあるし。どっちにしても良くない方向だなぁ、と。

反対にユーザーが増えれば良いのでしょうけど。稼働は上がると思いますが、従来とは異なる「大人の遊び場」ってことで、存在価値を出していかないと、ずっと負のループに入っちゃうので、やっぱり変化は必要だと思います。

機械代は下がるどころか……きっと上がるんでしょうね。風適法という意味では、8号営業の「ゲームセンター」に近いと思いますが、ゲーセンなどに設置されている「アーケード機」も実はとても高額です。

本来「えー??この機種が40万以上??ウソでしょ?」と思う機械も数多く、ホントはもっと安く仕入れたいお店がほとんどなのでしょうが、逆にメーカーは売れないと値段を上げる可能性は高いです。100万円くらいになっちゃうかも?です。

理由は簡単。メーカーも「品質の維持」「ゲーム性の向上」を鑑みると、特にTOPメーカーはコストダウンが難しいでしょうし、「エンターテインメント業」の宿命ですが、面白いものをどんどん生みだす「技術開発力」があっての前提。それを継続するだけの資金力と人材力がないと競争できませんし、何より市場は大きくなりませんからね。

でもゲーセンの現状を見ると…パチンコ業界の顛末も最後は現在のような状態になるのかなぁ?と不安で仕方ありません。「射幸性(ギャンブル)」が唯一の頼みの綱っていうのは、怖いっすよ。

ある程度、いろいろなことを考えると同時に、もっと具体的な策を考える時期だなぁと思いました。今、ちょうどお盆商戦向けの新機種、多数登場していますけどね、ホント投資については慎重に……かつ厳格にしていくお店が増えるのではないでしょうか?

あっ?でも低貸もしっかり運用してくださいね。ホントずっと「何もしない」ってなしにして欲しいですよ! お客様には伝わっていると思うのですけどね。低貸ユーザーの一意見であります。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・スロ北斗、横で響くは、角田さん!
(解説)
*某店のスロコーナー。『北斗』がズラりと並んでいる中、横に『スロ慶次』を発見!「おお、原哲夫縛りか?」と思いつつ、角田さんの歌声は響きますねー。打ちたいと思いましたが、財布にはお札は1枚もありませんで(笑)。貧乏ってやだなぁ。頑張って働かねば!(悲)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る