> > さらに裏を読んで!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

さらに裏を読んで!
2013/06/17

3D印刷機は凄いね。家電量産品でも活用するってニュースで出てたけど、かなりのコストダウンになるって事ですね。金型産業にとっては脅威か?チャンスか?わかりませんが、パチンコ・パチスロメーカーも活用できるのでしょう。価格が下がるか?は定かではありませんけど(笑)。

さて本題です。パチンコ機の『良さ』を表現するのに、最も効果的な機種は何か? そんな議論をしております。お客様の多くは自分が座った機種・台が「良く回る」とか「偶然にも勝てた」という経験をしなければ決して満足しません。いや、正確には『不満はない』という状態。

じゃあ、技術介入性のあるパチンコ機、甘デジで止め打ちすると効果が出やすい機種、潜伏確変を搭載しており、朝一、ランプ判別でハイエナ可能な機種か?といえば、こういった一連の機械は、いわば「プロ」が好むだけ。

「新機種なの? 海なの?」と考えても、それは一過性の問題。口コミ等で一定期間はプロ中心に集まってきますが、その後は継続しないパターンが大半。その後は閑古鳥というんでしょうかね……。

結局、全体稼働の少ないお店は、稼働の良い新機種などで全体をカバーし切れないから、開店で「決めてしまった」ら、それ以上もそれ以下も難しい……つまり、何もしない、っていう選択肢しかないんですよねー。

だから、稼働の良い優良店は、最初の「決めてしまって時間が経過しても、その範囲を下回らない」って事が重要で、そのレベルが「他店よりも通年にわたり、いつも勝っているか?」という感じかなぁ? と思うわけです。

パチンコの場合、新機種でも甘デジでも低貸しでも「めっちゃ出す」とか「土日になれば必ずぼったくる(笑)」とか、そういうメリハリをつけ過ぎない&他店を上回っている、というのを長期間やっていく事なんでしょうね。

パチスロも考え方は同じですが、設定差のわかりやすい機種とそうでない機種とに分かれます。特に設定差が「分かりやすい」機種の使い方が重要ですね。

残念な事に、今は基本、設定1 or 2が中心(のはず……)。遊びよりも比較的「勝負にこだわる」ユーザーが多い事や、長く遊ばせる(高稼働)という事は、ある程度「引けた人が多い」という状態をどれだけ恒常的に魅せられるか?という部分にもかかります。この矛盾を解消して、バランスよく設定を入れたい、という考えがお店には働いています。

あっ? もちろん、客回転の早いお店ではこればかりではないですけど(笑)。あくまで一般論です。ハイ。

さらに分解すると、ベースは辛いけどボーナス獲得枚数が多いノーマルAタイプのジャグラーを強化しているお店は、全体客数をカバーするという期待に加え、設定通りコントロールしやすいという「利益貢献度」という面でも計算が立つ事から、このコーナーが「流行っている」という事は、ある意味「ART・AT機で冒険ができる」という事でしょうか?

ジャグの稼働の悪いお店は、低設定しか「使えない」という状態になるだろうと思うので、プレイヤーから見ると、それは「事故待ち」しかない、って事になるだろうはずなので。

「勝負にこだわるユーザーは、特にジャグを見てお店を判断」って仮説、それと「バラエティコーナーへの逃げ場・マニア層の滞留場所が活性化している」という仮説、この2つが上手く重なって、初めてART・AT機って設定入れられるんだなぁ、という事ですかね。

新機種の中心は、ART・AT機がほとんどですから、どうしても上手く使いたいんだけど、予算にも余裕がない……。だからそれをカバーするであろうジャグラーコーナーやバラエティなどの盛り上げ、ここが最初だと思うんですよね。

優良店と言われるお店は、必ずと言って良い程ジャグも盛り上がってますから(もちろん、立地により例外はありますけどね)

ぜひ、打ち手は「さらにその裏」を読んでもらい、上手に立ちまわってもらいたい所です。優良店で遊びましょうね(笑)。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・我慢した、月日は既に、3週間!
(解説)
*正確に言うと、4パチ・20スロから離れて早くも3週間経過しております! 人生でこんなに期間を空けた事は初めて(笑)。ま、諸事情がありますので、仕方ないんですけどね、我慢もそろそろ限界です……。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る