> > 「当たりやすい・高配当・新機種」……そして時間!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

「当たりやすい・高配当・新機種」……そして時間!
2013/06/21

友人がご機嫌です。テンション高すぎ! 理由は簡単。株で儲かっているらしく……。人間はお金が入ると、なぜランクアップした気持ちとか高揚感を持つようになるのかなぁ。ま、パチやスロでもそういう瞬間があるので、誰もが持っているものなのかもしれません。

さて本題です。最近は外回りばかりしていたので、今日はおとなしく資料作りに勤しんでおりました。

実は……あまり目立っていないのですけども、宝くじや公営ギャンブルの中で唯一「売上を伸ばしている」ものがあったんですよね! 皆さんご存知ですか?

それが競艇(モーターボート)だったのです。パチやスロでもマンガ「モンキーターン」をモチーフした機種は登場しているので、リアルに興味を持った人も増えているのかな?とも思いましたけど、よくよく調べると非常に考えられていると思いました。

一つは「6艇の勝負=当たりやすい」ということ。競輪は9車、オートは8車。競馬はレースによって出走数は異なり、宝くじは……ちょっと比較できないので除外しますが、種別によって配当金額も異なりますよね。

つまり、この「当たりやすさ」という基軸は、ギャンブル要素として必要。かつ、シンプルにそれがわかるというのが大事って事でしょうか?

二つ目は「女性の参加」でしょうかね? 男女混合でレースするのはどの公営ギャンブルでもあるのですが、競艇は歴史もあるのでしょうか? その選手層の厚さも人気なのでしょう。

三つ目に賭式。賭式は非常にバリエーションに富んでいます。しかし、その中でも「人気の賭式」というのが存在します。特に「6艇中、1・2・3着を当てる」という3連単は人気。「当たりやすい、かつ高配当も狙える、しかも6艇」というバランスが支持されているかも?ですね。

その他、開催日程の問題ですとか、賭け方が楽であるとか、ネット投票もできるとか……まあ、いろいろあります。

そこでパチンコ業界。「じゃあ、良いところを見習おう!」と思った時、確かに還元率は高いけれど、勝負を決するのに「時間がかかる」という点。メリットであり、デメリットでもあります。そもそも質が違うから、時間的なギャップを埋めることができませんし、長時間「無理に遊んだ」場合、すべてなくなるリスクのほか、回収できた時の「ありがたさ」というのも、感覚が違います。

賭式は低貸の登場で、バリエーションは増えましたが収益性が下落し、運営するお店はコストパフォーマンスが落ちました。その分、「当たりやすさ・勝てる」という期待感を提供しづらくなりました。ここもバランスが難しいわけですね。

「当たりやすい」「配当が大きい」「新機種の登場」という順番に「時間的制約」を加えることで、初めて参加率も上がるのかも知れませんね。

特にパチスロの方は、細かく見ると、初当たりの「軽さ」に加え、コインの増え方・減り方・現金投資の区間・時間など、とても良く考えられていると思いますし、バリエーションも増えました。

しかし、パチもスロも「黄金スペック」みたいなものはありませんね。つまり「長く遊ぶ」分だけ、エンターテインメント性が強くないと、飽きる・持たない!という事だと思います。ここがメーカーの腕の見せどころということでしょう。

朝から閉店まで「打ち続ける」人って、今はどのくらいいるのでしょうか? この「時間を埋める」方策が、ギャンブル性のみに偏向しないことを祈りたいところでありますが……。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・いきなりの玉詰まりには、涙する……(笑)
(解説)
*朝一で打ち合わせした後、チラっと覗いたお店で海勝負。ちょっと調整を確認したかったもので(笑)。でも、いきなり玉が飛びません! 「梅雨時期だしねー」と思ったのですが、いきなりだったので即止め。こういう時は遊んじゃダメね(笑)。




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る