> > 低貸コーナーの再建を願います!
業界人日記
チャーリー・ロドリゲス・湯谷のブルーにブルース
※随時更新

低貸コーナーの再建を願います!
2013/07/10

凄いな、ヤフーのビッグデータ。なんでもビッグデータより、今度の参議院選挙、自公は71〜78議席獲得する……という予測数値が出たそうな。検索による「相関モデル」と「投影モデル」の2つから導き出したそうでして、これからいろいろなものが予測可能な時代になってくるやもしれませんね。うん、興味深い。

さて本題です。今日も暑かったですね。ゲリラ雷雨にはヤラレませんでしたが、汗をかきながら東奔西走、動き回っておりました。

今日話題になったのは「低貸コーナー」の存在。最近、平日の朝から夕方にかけての稼働の「下落っぷり」が半端ではない!という意見を聞きました。

昔と比較すれば、その生活スタイル・時間の使い方なども変わってきているので、仕方のない部分ではありますが、1パチなどは「安く、長く遊べる」という点がウリ。さすがに夕方からの方が遊びにくいんじゃないか?といった先入観がありました。

しかし店長さんに詳しく聞いてみると「最近、ユーザーは5000円でもストレートで負けるとイライラする」というのです。4パチならば20,000円。20,000円ストレートで飲まれる事もあるし、負けていれば、そりゃイライラするよなぁ、と思うわけですけど、低貸で遊んでいる人の感覚も「1/4でもイライラ」が凄い、という事のようです。絶対額の大きさじゃないんですよね。

要は「射幸性」も大変重要ということでして。初期に使った5000円を取り戻すだけの「調整・スペック=期待感」が持てるか?という疑問は、4パチであろうが低貸であろうが同じ、という意味だと思います。

「低貸コーナーを思いっきり甘く使って、デジパチコーナーで利益を取る」というお店より、逆に「デジパチ普通、低貸しキツ目」というお店の方が圧倒的に多いともおっしゃっていました。確かに思いあたるお店は数店ありましたし、低貸コーナーだから仕方ないか……と思っていたのですが、さすがにユーザーも「我慢できない」レベルにまでなっているということでしょうかね。

個人的には「低貸コーナーをどんなコーナーにしたいのか?」という意思がハッキリしているお店は優良店だと思いますし、逆に「策がないので、とにかく低貸しを」というお店とでは、明確に「手を尽くしている感」が違いますから。こういった部分をお客様も敏感に感じ取っている……ここも一つの理由かも?と思う次第です。

最近、スロの「低貸コーナー」にも、とてもマナーの悪いお客様が集まっているなー、と感じるようになりました。スタッフも注意すればイイのに……と思うのですが、靴を履いたまま、イスに片足を乗っけて遊技する人が増えています。小生はちょっと近寄れません(笑)。

もちろん、お店の注意ポイントではないかもしれません。でも、それを見て「嫌だなー」と思うお客様もいるはず。離反するお客様が良いか? それとも今、遊んでくれるお客様が良いか?はお店の姿勢次第。

調整やマナーを含めて、理想の低貸コーナーを探すだけなんですけどね(笑)。集客ってホント難しいと感じた1日でありました。

意見待つ!

【今日のチャーリー、独り言】
・『カイジ』にて、一喜一憂、でも混迷……
(解説)
*しかし、パチンコの『CRカイジ沼っ』はホントに凄いですよ。当たったのに……ずっとドキドキが続くんですから(笑)。安心する瞬間がなかなか訪れないという逆説的な機種だと思いますね。とても怖くて打てない機種なのに……なぜこんなに惹かれるのでしょう?




次の日の日記へ ブルーにブルースTOPへ 前の日の日記へ

チャーリー・ロドリゲス・湯谷
チャーリー・ロドリゲス・湯谷  《プロフィール》
自称パチンコ・パチスロ伝道師。特技はスプーン投げ。
「意見待つ!」と言いながら、ホントは他人の意見に弱い。





このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る